ミャンマー・下請け・仏像

今回の「新・山形月報!」は、前回に論じた、ダロン・アセモグル、ジェイムズ・A・ロビンソン『国家はなぜ衰退するのか』(早川書房、上下)の下巻をきっちりレビューです。他に川上桃子『圧縮された産業発展』(名古屋大学出版会)、周達観『真臘風土記』(平凡社東洋文庫)にも触れて、さらにはミャンマーでの山形浩生さんの見聞記も載っていますー。

日本は暑いそうで、ご愁傷様です。目下これを書いているミャンマーは、いまは朝から昼過ぎまで雨が降り続き、結構涼しいのだ。もちろん例によって開発援助の仕事できていて、今回は電力がテーマだけれど、長期的にはこの国をどう発展させようかという話ではある。

ということで、話は前回の続きダロン・アセモグル、ジェイムズ・A・ロビンソン『国家はなぜ衰退するか』(早川書房)の下巻にうつる。といっても、下巻に入っても話はあまり変わらない。やっぱりこれを読んでぼくは、結局国が発展するのは偶然任せしかあり得ない、制度は大事ではあるのだけれど、その制度は結局のところ勝手に変わるのを待つしかない—という主張だとしか読めないのだ。本書の末尾の部分は、国の持続的発展に必要なものを以下のようにまとめる。

社会の幅広い階層が政治を変えるために行動を起こして協調するときのみであり、党派的理由や収奪的構造をより包括的構造へ変えようとするときだけである。そうしたプロセスが進んで権限移譲への門戸が開放され、最終的に持続可能な政治改革に到るかどうかは、これまで多種多様な例で見てきたとおり、政治/経済の歴史と、関わりのある多数の小さな相違と、偶然に大きく左右される歴史の成り行き次第なのである。(p.276)

歴史の成り行き次第、ですか。日本が発展したのも、たまたま中央集権がゆるくて、外様の薩摩とか長州とか有力なライバルがいて、それが将軍に対する対抗勢力を作れたからにすぎないんだって。歴史も、偶然も、ぼくたちにはどうしようもないものだ。するとこれは、要するにどうしようもありませんよ、という主張でしかない。著者たちは、これは歴史決定論ではないというんだけれど(偶然が作用するから、だって)、ぼくに言わせればこれは立派な歴史決定論なんだが。

国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源
国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源

さらにこの書き方だと、たとえば「アラブの春」みたいな動きは、著者らの主張とマッチしているように見える。実は本書の上巻もまさにエジプトの民衆蜂起の話から始まっているほど。すると著者たちは、あの動きには希望を持っているんだろうか?

ところがそうでもなさそうだ。実はちょうど執筆中に、エジプトがまた荒れていた。これに対して著者たちは本書のサポートブログで「だからまあちょっとてっぺんをすげかえたくらいじゃ何も変わらないよねー。エジプトもこの先長いよ」といった話を言うだけ。

でも、それって何も言っていないに等しいでしょう。それしか言えないなら、この本は結局実用性がないってことじゃないだろうか。せめて、エジプトが今後成功するための条件とか、バカみたいにあの広場で騒ぐだけの連中に何らかの示唆を与えるとか、あるいは著者の1人アセモグルの故郷トルコの動きをどう見るのか、そういった話が抽象的であっても出てこないと……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

agyrtria おかげで読まんで済む本が分かってありがたいw ⇒第19回  5年弱前 replyretweetfavorite

sadaaki 山形さん、国家の発展について考えてます。台湾の話、おもしろいです。それと 約5年前 replyretweetfavorite

baatarism “第19回  約5年前 replyretweetfavorite

susumi_hajime メモ。『第19回 約5年前 replyretweetfavorite