死ぬまでに一度は恋したい!春はヒロインが魅力的な本を読みませんか

アンナ・カレーニナ、和泉式部日記、ティファニーで朝食を、あしながおじさん。共通するのは「魅力的なヒロインが登場する本」だということ。それも、人間としての業を背負いきった女っぷり。平成も終わろうかとするこのご時世、ディズニープリンセスを追い求めている場合ではない! わたしたちも恋してしまうヒロインが登場する本を集めてみました。


 もうすぐ春ですね! 恋をしてみませんか! Byキャンディーズ!

 いやはや、季節はもうすぐ春になろうとしています。おう。はやいぜ。もう春か。
【現代の文学事情や古典作品を書評する】がコンセプトであるこちらの連載ですが、季節に一度くらいは何か「季節限定商品」的な書評があってもいいかな~と思いまして(なぜならわたしが季節限定商品が大好きだから!)。
 今回は「もうすぐ春ですね! 死ぬまでに、生きてるうちにこれは読んどきたい! 思わず恋してしまいそーな魅力的なヒロインが登場する本」を集めてみました。

 いやー読んでいて、魅力的なヒロインが登場する本ほど、読んでいてときめくものったらないですよね。魅力的というのは、思わず(同性のわたしですら)恋してしまいそうな、最強っぷりを見せつけてくれる女。もちろん平面的な浅い魅力じゃなくて、人間としての業を背負いきった女っぷりを見せてほしい。
 平成も終わろうかとするこのご時世、ディズニープリンセスを追い求めている場合ではない! わたしたちも恋してしまうヒロインが登場する本を集めてみました。


①男より強い女のうつくしさ、かなしさ。

『アンナ・カレーニナ(1~4)』トルストイ著、望月哲男訳
(光文社古典新訳文庫)

 なんでトルストイはこんなに女のことを知ってるんだろう、と読むたび思う。いやー主人公のアンナのパワーが凄すぎて、正直ほかの男性キャラが霞むんだよ! テーマは不倫から始まる恋愛だけど、その実、男よりもずっと強い女のかなしさを描いた小説だと思う。結局、女は男に勝っちゃったらいけないんだろうか。「わたしが欲しいのは愛なの。でも愛がないのよ。だったら、全部おしまいでしょう!」—なんでわたしたちは愛がないと生きてけないのか。愛と女を描いた傑作なのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gorogorodiary 魅力的ななヒロインが活躍しているのを見ると、自分も勇気もらえる気がする✨ 読んでみたいなー🌠 ▽ 7日前 replyretweetfavorite

buzzyjazzy Byピンクレディー…ではないと思う(^_^;) でも内容は毎回ためになる。 8日前 replyretweetfavorite

6manga6kissor6 "和泉式部は現代にいたら絶対モテ指南ブロガーになってると思う。" 8日前 replyretweetfavorite