魔法の言葉◆「夢は叶ってもいい」と自分にOKを出す

「見つけるぞ!」とがんばっても、夢は見つからない。「叶えるぞ!」とがんばっても、夢は叶わない。そもそも「夢の正体」は? 夢を叶えるために大切なことっていったい何? 大人気カウンセラー心屋さんが自らの体験をもとに、夢の叶え方をぜ~んぶ教えます。
心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方』(学研プラス)を全文公開!(毎週火・木曜日更新予定)

「私は、すごい」
これでいい。

自分はすごい、すばらしい、愛されている。
あれこれ言わずに、そういうことにしておいて、いいじゃないか。だってそうなんだから。
数年前にそう思い始めて、何か知らんけど、いろんなことがうまくいくようになりました。それもすぐに、です。

その時点では、「自分はすごい」と言える根拠なんてありません。
実績も証拠もありません。
何もないのに「自分はすごい」と言うなんて、バカみたいだし、恥ずかしいですよね。
「何を根拠にそんなことを言っているわけ?」
人から言われるのも怖いし、何より自分自身が、そう思ってしまうかもしれません。
でも、もっと堂々としていていいと思うのです。

声に出して言ってみてください。

「私、すごいんですけど、何か?」

きっと胸がザワザワ、体がムズムズすると思います。
そのザワザワとムズムズ、どうして起こると思いますか?
真実と違うことを言っているから、ではありません。
まさに真実を言い当ててしまったことに、体が反応しているからです。
体の声を代弁すれば、「お、ようやく本当のことに気づいたわい、やった、やった」と歓喜している、そのサインが、ザワザワ、ムズムズなのです。

「私はすごい」って言い切るには勇気がいります。
「私なんてダメ、大したことない」という卑屈と謙け ん遜そ んの世界にいたほうが、本当は、ラクなのかもしれません。批判や攻撃を受けることもないし。(ただし、楽しくも幸せでもないけれど)
そう考えると、「私はすごい」と言ったときのザワザワ、ムズムズは、その「真実の世界」で生きていく「武者震い」と言ってもいいのかもしれません。

人生、おおむね「そこそこ」「まあまあ」で、大きな不満があるかと言われたら、そうでもない。
そんなふうに感じていませんか?
と同時に、どこかで、少し、気持ちがくすぶっていませんか?
「本当はもっと、楽しく生きたい」と。「すごい人」を見たら、「自分ならもっとできるのに」とか。

だったら、卑屈さを捨てる。謙遜をやめる。
その代わりに、自分はすごいんだ、という真実の「自覚」「自信」をもつ。
わがままで自分勝手で、好きなように生きてみる。
「だって、私はすごいんだから」
これでいいのです。

と同時に、「すごい」けど、「大したことない」もあっていい。「何もできないダメなやつ」でも。
「失敗しても」「迷惑かけても」当然でいい。
なぜなら、いくら大したことなくても、失敗しても、「大丈夫」だから。「すごい」のだから。「大丈夫な私」なのだから。キラワレないのだから。
そう思えれば、「大したことない」だって「失敗して当然」だって、卑屈でも謙遜でもなく、むしろ「自信」につながるのです。
だから自信という「ヨロイ」をつけず、ダメさをさらけ出して、人に助けてもらっていいのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

超人気・心理カウンセラー 心屋仁之助氏が初めて語る「夢」の叶え方!

この連載について

初回を読む
心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方

心屋仁之助

著書累計450万部! 「夢の武道館ライヴ」を実現させた超人気・心理カウンセラーが、自らの体験をもとに「心屋流・夢の叶え方」を初公開! そもそも「夢の正体」っていったい何? そして、夢を叶えるために大切な「4つの大切なこと」っていったい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "「私はすごい」って言い切るには勇気がいります。 「私なんてダメ、大したことない」という卑屈と謙け ん遜そ んの世界にいたほう..." https://t.co/V4LQZLbRPv https://t.co/FhQGVhoo1m #drip_app 1年以上前 replyretweetfavorite