悩みを解決するには、まず「可視化」からはじめよう

仕事など日々のアウトプットに大きく影響する心の問題。ストレスでゆれ動く心を整えるには、まずは自身が置かれた状況とそれに対する自分の反応を可視化する必要がありました。Twitterでも人気の「とくさん」が、すべてのビジネスパーソンに向けて「こころの使いこなしかた」をご紹介します。

前回の記事はおかげさまでとても好評で、ぜひ実践してみたい!という声をTwitterはじめとしてたくさん頂きました。今回からはいよいよ本格的な説明に入っていきます。

今回の記事は、みなさんに心を使いこなす上で基本となる「モデル」の理解をしてもらうことを目指します。

モデル、というと少し難しく聞こえますが、ストレスとはそもそもどんなもので、人はそれをどう捉えているのか、その「仕組み」について分かりやすく説明します。ここをまずきちんと理解しておくと、「心を使いこなす技術」を身につける上でとても役立ちますので丁寧に見ていきたいと思います。

(なお説明には日本における認知行動療法の実践と普及をリードされている伊藤絵美先生の『ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK 1』を参照します。この本は認知行動療法の概念やモデルの基礎と、なによりその実践について具体的に、しかも分かりやすく学ぶことができます。枠組みやモデルの説明をこの本に依拠しつつ、そこに私のリアルな実体験を織り交ぜて皆さんの理解が進むようにしたいと思います)


ストレスとはなにか?

では早速説明に入っていきましょう。

まずそもそもストレスとは何でしょうか? それは以下の図のように「ストレス状況に対する反応」として定義できます。

例えば私の場合は「不確実な未来への不安」を抱きがちでした。上司から急に仕事を振られた時など、果たして期限までに終わらせられだろうか、上司を納得させられるだろうかといつも大きな不安が襲ってきました。

また、海外出張のような不確定要素が強い仕事は特に不安が募りました。中国のタフな交渉を仕掛けてくる顧客に対して、果たして期待される契約を勝ち取ることができるだろうか? アジアの全代理店が集まる会議で、数百人を前にしてうまくプレゼンできるだろうか?

こうしたことを考えていると、出張前日などは不安でいてもたってもいられなくなり、部屋の中を独り言を呟きながらぐるぐる回ったりするなど、かなりヤバイ人になっていました。

ここでのポイントは、ストレスというのはそれ自体単独で存在するものでなく、ある状況(例: 海外出張に行く)に対する自分の反応(例: うまくやれるだろうかという不安や恐れ)である、ということです。

これは言われてみれば当たり前ですが、人はストレスを感じているとついその感情に飲み込まれてその原因となっている状況を見失います。なので、まず「ストレスとはある状況に対する反応なんだ」ということは、改めて理解しておくべき重要なポイントです。


ストレスを理解するための基本のモデル

そして、この定義を踏まえて、次にもう一歩その「ストレスに対応する反応」を深く見ていきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こころを使いこなす技術

とくさん

日々の仕事がうまくいかないとき、知識やスキルの不足が原因と考えていませんか? もちろんそれらの技術も大切ですが、どれほどスキルを持っていても、心の問題にうまく対処できないとせっかくの力もうまく発揮できません。どんな仕事も意思決定の連続...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kai10_aya5 ストレスを感じたら、まず書き出す。 俯瞰的に状況を観察する。 「ストレスに強い人」とは、ストレスを感じない人ではなく、ストレスに対して能動的な行動が取れる人のこと。 https://t.co/llYOSnpc3c 4ヶ月前 replyretweetfavorite

jpiku_m https://t.co/O2U1VqlpQ9 8ヶ月前 replyretweetfavorite

buddhagaya_chan https://t.co/3D2g0ulEh9 1年以上前 replyretweetfavorite

yohhatu こうやって気持ちや行動を書き出す方法はあまりしたことなかった。 1年以上前 replyretweetfavorite