ぼん、見ていてくれよ」波濤の果て ー 2

「俺はまだ終わっちゃいねえ!」 江戸時代初期、江戸の町に食糧危機が迫っていた。必要なのは物流革命の切り札「千石船」━━。 息子も居場所も仕事の誇りもすべてを失い、老いにどん底まで追い詰められた男が逆襲する! 『男たちの船出』は、イノベーションの生みだす様々なジレンマを、船大工たちの視点で描いた長編時代小説です。 (火・木 10時更新)

「あんたが弥八郎の親父さんか」

「わいが塩飽の嘉右衛門だ。あんたが清九郎さんだな」

 その丸く日焼けした顔や節くれ立った指を見れば、その男が長く大工をやってきたと分かる。

「ああ、宿根木の清九郎だ」

 二人が視線を絡ませる。

「よろしくな」

「こちらこそ」

 挨拶はそれだけだった。職人というのは、相手の顔と指を見ればその熟練の度合いが分かるので、自己紹介など要らない。

 双方の大工たちも互いに頭を下げて、今後の健闘を誓い合った。

 七兵衛が塩飽での顚末を書状に書き、清九郎に知らせてくれたので、佐渡の人々も塩飽衆の受け入れ態勢を整えていてくれた。

 この時、七兵衛は大坂で船材の手配を始めており、佐渡には来ていない。

 続いて清九郎は、「まず、連れていきたいところがある」と言って先に立って歩き出した。

 そこは、宿根木東端の渡海弁天のある岬の突端だった。

「嘉右衛門さん、この程度の物しか造れなかったが、よかったら拝んでくれよ」

 そこには小さな墓石があり、その石面には「塩飽の弥八郎たま殿どの」と刻まれていた。

「これが弥八郎の墓か」

「ああ、そうだ」

「何とお礼を言っていいか—」と言って墓石の前にひざまずいた嘉右衛門は、それをでるように撫でた。むろん墓の中には何も入っていない。しかし嘉右衛門は佐渡の人々の弥八郎への思いを知り、感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。

「急だったので、こんなものしか造れなかったが、河村屋さんが、いつか立派な墓を建ててくれると言っていた」

 嘉右衛門が首を左右に振る。

「墓はこれで十分だ。金は船に掛けてくれ」

「その気持ちは分かる。だからと言って供養をしてやらないと—」

「いや、墓の中の弥八郎がそう言ってるんだ」

 清九郎の顔色が変わる。

「そうか。あんたには聞こえるんだな」

「ああ。奴のことは、わいが一番よく知っているからな」

「分かった」と言って、清九郎がうなずく。

「墓参りが終わったら、うちの作事場で、遭難した時の状況を一緒に乗っていた者たちに語らせる。うちの息子も乗っていたからな」

「そうか、あんたの息子は助かったんだな」

「すまない」

「何を言ってやがる。わいはよかったと思っている。もしもあんたの息子が死んで、弥八郎が生きていたら、わいは—」

 墓石を摑む嘉右衛門の手に力が入る。

「弥八郎を殺さねばならなかった」

 その言葉に、そこにいた者すべてが沈黙した。嘉右衛門の覚悟のほどを知ったのだ。

「嘉右衛門さん、あんたの気持ちは分かった。まずは作事場で話を聞いてくれ」

「待ってくれ。その前に、塩飽から来た磯平という男が馬鹿なことをしたと聞いたが」

「ああ、鑿で腹を突いた」

「まずは、磯平に会わせてくれないか」

「分かったよ。ついてきな」

 宿根木の家々の間を縫い、小さな家の前に立った清九郎は、「磯平さんは動けないほど重い傷だ。だから入るのは嘉右衛門さんだけにしてくれ」と言って、同行してきた者たちを先に作事場に案内しようとした。だが皆は、「ここで待つ」と言って聞かない。

 清九郎は呆れたように首を左右に振ると、「清九郎だ」と言って中に入っていった。

 そこに磯平の女房が出てきた。清九郎の背後に嘉右衛門の姿を認めた女房が涙声で言う。

「あっ、お頭、本当にいらしたんですね」

「それより磯平の具合はどうだ」

「よくはないですが、命に別状はないと聞いています」

「そいつはよかった。会わせてくれるかい」

「もちろんです。どうぞこちらへ」

 女房の案内で奥の間に入ると、磯平が横たわっていた。

 嘉右衛門の姿を認めると、磯平は涙声で言った。

「ああ、お頭、何とお詫びしていいか」

「この馬鹿野郎!」

 嘉右衛門の一喝がとどろく。

「ああ、申し訳ありません。わいがもっとしっかりしていれば、ぼんを安乗丸に乗せることはなかったんです」

「わいが怒っているのは、弥八郎が死んだからじゃねえ。弔い合戦もせずに腹を切ったお前に腹を立てているんだ!」

「でも、わいがあの船に乗っていれば、ぼんは死なずに済んだんです」

「いい加減にしろ。お前は塩飽の男じゃねえのか!」

「お、お頭—」

 磯平の目頭から熱いものが流れる。

「前を歩いている奴が倒れたら、黙って自分が前に立つ。それが塩飽の男ってもんじゃねえか!」

「お頭、わいが間違っていました。ぼんの死を聞いた時、死んでお詫びしようと、ついやっちまったんです」

「そうだったのか。では傷が癒えたら、黙って前に立てるんだな」

「もちろんです。わいが皆の露払いとなります!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

男たちの船出

伊東 潤
光文社
2018-10-30

コルク

この連載について

初回を読む
男たちの船出

伊東潤

「俺はまだ終わっちゃいねえ!」 江戸時代初期、江戸の町に食糧危機が迫っていた。必要なのは物流革命の切り札「船」 息子も居場所も仕事の誇りもすべてを失い、老いにどん底まで追い詰められた男が逆襲する! 『男たちの船出』は、イノベーシ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません