外国ではアマゾンよりも本屋が好調? 本と書店の行く末とは

外国ではずいぶん「本屋と街」の議論が活発になっているらしい。面白いな~と思ったのが、本屋がなんと「その土地の子どもたちへの学習支援」までしていること。要は、本屋を「本を売る場所」だけでなくて「教育の場所」にしてるのだ。

本は無限なのかもしれない

 本屋に行くと落ち着くのは、そこに「未読」のものがたくさんあるからだ。

 たとえば服や鞄を売ってるお店に行っても「どれも可愛い~~」とときめくし、雑貨屋さんやインテリアショップに行っても「これ買いたいなぁ」とテンション上がる。でも、それらのお店では、あくまで、たくさんある選択肢の中から好きなものをひとつ選び取る、という作業をしている。つまり服を見ても鞄を見ても雑貨を見ても「自分が手に入れられる量は有限である」という前提があって(無限に服が欲しいわけじゃなくて、今の自分に足りない服を選ぼう、って思ってますよね!?)、「どれを選ぶべきか」というセンサーを働かせることになる。

 しかし本屋はちがう。

 本屋の場合、わたしは「とりあえず自分の本棚に新たに並ぶべき本」を探す。つまり、そこにある前提は、「自分は無限に本が読めるのかもしれない」というものだ。……なんかこう言うと語弊があるけれど。でもそういうことだと思う。手に入れたい情報は無限にあるのだ。だから本屋では、たくさんある選択肢の中から好きなものを(必ずしもひとつとは限らずに)選び取る行為をくりかえす。
 同じ「ものを買う」場所に見えて、その性質は意外とちがうんじゃないか、とわたしは常日頃思っている。
「まだ着てない服がたくさんあるなぁ」なんて一度も思ったことがないけど、「まだ読んでない本がたくさんあるなぁ」とはちょっと思う。それは「世の中って意外と知らないことがあるなー」という感慨とだいぶ近くて、好奇心と名づけられる欲望にもとづいて、わたしたちは本屋に行く。


本屋と街とAmazon

 しかし日本ではあろうことか本屋が不況だというニュースが囁かれ続けてはや幾数年。わたしは以前、書店でバイトしていたのだけど、出版不況とか本屋がなくなっているとかいう話を山程聞いた。なんなら今も聞く。
 うーん、本屋がなくなったら困るなぁ……と思いつつ、便利だから使っちゃうんだけど、Amazon。

 そう、Amazonですよ。

 ネット本屋とリアル本屋が対抗しているのは日本だけではないはずなんだけど、アメリカで独立系本屋が好調だというニュースがある。
 この記事では

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

図書館戦争

有川 浩
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2006-02-10

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakadoribooks 現状、金落とす価値がないと判断されてる。ひたすら情けなくて反省材料。 少なくともだるいだるい言いながら数百万払って通う組織に負けてる。 https://t.co/WphgCYzesA 9日前 replyretweetfavorite

Miyagi98092144 本を読む人と読まない人との違いは困ったときに問題解決の手段として本を選ぶかどうか、だと思う #スマートニュース 14日前 replyretweetfavorite

GandR_Drifters この世は「未読」のもので溢れている https://t.co/g0lb7f4aOI 15日前 replyretweetfavorite

restart20141201 いまどき、 「外国」ってくくりが 大雑把すぎやしないか? 手本にしたくなるような ガイコクが、どれだけあろうか。 16日前 replyretweetfavorite