生き抜くための恋愛相談

デートしても友だち止まり…。色気とムードの正体とは?

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモヤの核心に迫ります。桃山商事の人気コラム『生き抜くための恋愛相談』を特別公開!

テクニック不足で恋ができません


ムードの作り方や、色気のある会話について教えてください。「いいな」と思う男性と遊んだり食事に行ったりしても、友だちのような雰囲気になってしまいます。趣味や仕事の話をしてそれなりに盛り上がり、そのままお開きになるパターンが多いのです。また、終始当たり障りのない会話をして終了することもあります。

一方で、「これがムード作りというやつか……」と感じた出来事もあります。40代半ばのおじさまと食事に行ったときのこと。私は恋愛対象として見ていなかったのですが、悩みや過去の恋愛、仕事の目標といったことを話す中で、励ましたり優しい言葉をかけ合ったりしている内にいい雰囲気になり、好きになりかけました(ちなみに、次の約束を取り付けようとして後日連絡してみましたが、スルーされています)。

これを自分でも男性に対して実践すればいいのかもしれませんが、そういった話を切り出すタイミングがよくわかりません。このようなムード作りや色気のある会話が上手な女性が男性を落としているのかと思うと、私はテクニック不足によって機会損失しているような気分になり、焦ります。彼氏を求めてもう2年ほど経ちました……。

(30歳・麻里絵)

麻里絵さんは何に悩んでいるのか

麻里絵さんには、男性との出会いやデートの機会はあるようです。しかし、そこから恋愛関係に発展させられないことが悩みの種になっています。麻里絵さんがその原因だと考えているのが、〈ムード作りや色気のある会話〉ができないこと。これが上手にできる女性たちと自分を比較し、焦りを募らせています。

相談文の中で〈ムード作りや色気のある会話〉と対比的に挙げられているのが、〈友だちのような雰囲気〉や〈当たり障りのない会話〉です。麻里絵さんにとって前者が〝核心〟だとしたら、後者はその〝周辺〟と言えます。〈それなりに盛り上がり、そのままお開きになる〉と書いているように、いくら会話をしても単に周辺をぐるぐる回っただけという感覚があり、手応えのなさだけが残ってしまう──。これが麻里絵さんの現在地です。

では、麻里絵さんにとっての〈ムード作りや色気のある会話〉とは具体的にどういうものなのでしょうか。

ヒントとして示されているのが、麻里絵さんが好きになりかけたというおじさまとのデートです。相談文には、〈悩みや過去の恋愛、仕事の目標といったことを話す中で、励ましたり優しい言葉をかけ合ったりしている内にいい雰囲気に〉なったとあり、麻里絵さんはこれを〈ムード作りや色気のある会話〉の一例と捉えていることがわかります。

また麻里絵さんは、自らを〈テクニック不足〉と称しています。つまり麻里絵さんの中では〈ムード作りや色気のある会話〉はあくまで「テクニック」であり、恋愛が上手な人はそれをマスターしているが、一方の自分は身につけていないから恋愛が下手なのだと解釈しているわけです。

これにしたがうと、おじさまとのデートで感じた色気やムードは、彼のテクニックによってもたらされたものということになります。

しかし、〈過去の恋愛〉はまだしも、〈悩み〉や〈仕事の目標〉がいわゆる「色気」のあるトピックなのかというと、やや疑問があります。

また、おじさまが意図的にテクニックとしてムード作りをしていたとするならば、その理由は麻里絵さんのことを狙っているからだと解釈するのが自然だと思いますが、すると後日彼が誘いに乗ってこなかったことと矛盾します。

これらを考え合わせると、麻里絵さんの感じた色気やムードは、おじさまのテクニックによるものではないと言えそうです。

とはいえ、これは何も麻里絵さんが勘違いをしていたという話ではありません。ここで考えるべきことは、おじさまとの会話は内容自体に色気はなく、また彼にムードを作るつもりがなかったにも関わらず、なぜ麻里絵さんが「色気やムードを感じた(=核心に踏み込めた)」という実感を持っているのか、ということです。そしてそれは、周辺をぐるぐるしているだけの会話とどこが違ったのか。それがわかれば、核心への踏み込み方が見えてくるはずです。

やや回りくどかったかもしれませんが、準備が整いましたので、この回答もそろそろ核心に踏み込んでいきたいと思います。

核心に踏み込むための鍵とは?

おじさまとの間にはあって、その他の男性との間にはなかった〈ムード作りや色気のある会話〉の正体とは何か。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

生き抜くための恋愛相談

桃山商事
イースト・プレス
2017-09-07

この連載について

初回を読む
生き抜くための恋愛相談

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事)

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momowakko ムード作りや色気のある会話ができず、恋愛が発展しないというアラサー女性のお悩みに回答した記事がアップされました。色気やムードは自己開示から生まれるものかも!!!と激しく主張しておりますので、ぜひご一読くださいませ🔥🔥🔥 https://t.co/sQzpBIjIav 24日前 replyretweetfavorite

momoyama_radio ムード作りや色気のある会話ができず、恋愛が発展しないというアラサー女性のお悩みに回答した記事がアップされました。色気やムードは自己開示から生まれるものかも!!!と激しく主張しておりますので、ぜひご一読くださいませ🔥🔥🔥 https://t.co/QYBx1IEYUW 24日前 replyretweetfavorite