生き抜くための恋愛相談

昔はいつのまにか彼氏ができてたのに…。恋が自然に進まないのはなぜ?

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモヤの核心に迫ります。桃山商事の人気コラム『生き抜くための恋愛相談』を特別公開!

彼氏の作り方がわかりません

6年間付き合った彼氏と別れてから、恋の進め方がわかりません。「いいなー」と思える人が現れて、1~2回くらいふたりで会って普通に遊んだりご飯を食べに行ったりはするものの、それ以降どうしたらいいか、イマイチわかりません。

その時点で特に好きになっていない場合はそのままですし、「また会いたいな」「好きかもな」と思っても傷つきたくなくて連絡をしないので、いずれにしても立ち消えになります。次に連絡をするタイミングに自信がないというのもあります。

自然なタイミングっていつですか? ていうか、向こうから連絡が来ないなら諦めモードでいたほうがいいの?

これまでは自然に彼氏ができていたので、正直に言うと、彼氏を作るのは難しいことじゃないと思っていました。今はその「自然に」がわからなくて、考えすぎてるなという自覚があります。いつも友だちから「なんでそんなに下手なの?」と言われるので、失敗しないようにと考えてしまうのです。

(29歳・美帆)

美帆さんは何に悩んでいるのか

美帆さんは過去と現在のギャップに悩んでいます。過去の自分は、どのようにはじめたのかも思い出せないくらいスムーズに恋人を作ることができていました。しかし、6年間交際した彼氏と別れ、再び恋愛市場に参入してみると、出会い自体はあるものの、昔のようにスムーズに進展していかない。〈いいなー〉と思う人が現れても何を決め手にしていいかわからないし、自分からどう踏み込んでいいかもわからない。以前は当たり前にできていたことができなくなって混乱しているというのが、美帆さんの現在地です。

どうして立ち消えになってしまうのか、自然なタイミングとはいつなのか、向こうから連絡が来ない場合は諦めたほうがいいのか……。相談文には様々な疑問が混在しています。昔は疑問にすら思わなかったことが、悩みの種になってしまっているようです。

なぜこのようなギャップが生じているのでしょうか。年齢を重ねたことの影響やブランク自体に原因を見る向きもあるかもしれませんが、我々が注目したいのは過去の恋愛です。

美帆さんには6年間付き合っていた彼氏がいました。ということは、少なくともそれ以前には〈自然に〉恋愛を進めることができていたわけですが、今はそれができない。つまりこの数年の間に何かしらの変化があったと考えられます。我々は、その変化の正体こそが今回のお悩みの核心ではないかと見ています。

もっとも、相談文を読む限りでは、過去も現在も、恋愛がはじまるまでの流れに大きな変化はなさそうです。〈いいなー〉と思える人と出会ったら連絡先を交換し、数回デートを重ねる──。このプロセス自体は変わらないわけです。だとすると、変化は美帆さんの内側に起きたと考えられます。つまり、恋愛の流れ自体に変化はないが、美帆さんがそれに対して違和感を覚えるようになってしまったのではないか、ということです。

人生観は大きく変化しているのに……

では、美帆さんの身にどのような変化があったのでしょうか。

元カレと付き合う前の美帆さんは20代前半なので、おそらく学生生活を送っていたか、卒業して働きはじめた直後でしょう。その頃の「自分の世界」と20代後半である今の「自分の世界」を比べてみてもらいたいのですが、趣味や人間関係、時間やお金の使い方、仕事と私生活のバランスなど、様々な面でかなりの変化があるはずです。我々自身の実感から言っても、社会人になってからの数年間の経験は、価値観やライフスタイルを大きく変化させるだけの影響力があったように思います。また、元カレとは6年間交際していましたが、おそらく山あり谷ありだったその6年間で、彼自身や彼との関係について、つまりは「他者と一緒にいるということ」について、美帆さんは考えをめぐらせたはずです。

美帆さんが具体的にどのような変化を経験したかはわかりません。しかし、ここで言いたいのは、この数年間の経験によって美帆さんの考え方や身を置く世界が、成長や成熟という方向にアップデートされているのではないかということです。それに対して、恋愛のはじめ方や進め方に関する美帆さんの基準や参照先は、あくまで6年より前の経験です。

つまり、この数年間で人生観が大きく変化しているにも関わらず、恋愛観だけがかつてのままフリーズしている。しかしその構造に気づかず、あたかも自分の恋愛力が衰えたり、考えすぎてスランプに陥ったりしているかのように捉えている──。ここに悩みの発生源があると考えられます。

コンピュータでたとえるならば、OS(オペレーション・システム)はアップデートされているのにアプリケーションだけが旧バージョンのままになっている、という状態です。美帆さん自身が変化しているのだから、昔の自分が頼りにしていた恋愛の方程式に違和感を覚えても何ら不思議はないし、かつては「自然」だったことが「不自然」に感じられることも、ある意味当たり前の話なのです。

恋愛観をアップデートする

では、どうすればいいのか。前述の通り、問題は恋愛の進め方や捉え方だけが旧バージョンのままになっていて、それが今の美帆さんにフィットしていない点にあります。そう考えると、必要なのは「恋愛観のアップデート」という作業になります。

そのためにはまず、準備段階として現在の自分を構成している要素を見直してみる必要があるように思います。かつての自分と比べ、時間やエネルギーの使い方はどう変化しているのか。仕事や趣味や人間関係などで、この数年間に追加された要素は何か。あるいは、やらなくなったこと、会わなくなった人は誰か──などなど、自分の構成要素やここ数年間の変化を細かく書き出してみることをオススメします。

具体的な方法としては、日記やスケジュール帳を振り返ってみたり、スマホのメールや写真を眺めてみたり、インスタグラムやフェイスブックなどSNSのやり取りや書き込みを見直してみたりするのが有効だと思います。

これは結構まわりくどい作業なので、「そんなことはいいから早く恋愛できる方法を教えてよ!」ともどかしく思うかもしれません。

しかし相談文を読む限りでは、美帆さんはこの6年間に起こった自身の変化や成長をあまり自覚していないように感じられます。せっかくアップデートされて新しい自分になったのに、恋愛だけを昔の基準で考えていたのではもったいない! 今の美帆さんには今の美帆さんなりの考え方や感じ方があるはずで、それを改めてつかむためにも、自分の構成要素を見つめ直しておくことが効果的だと思うわけです。

そうして現在の自分を把握できたら、今度はそれをもとにここ最近の恋愛事情を見直してみてください。例えば相談文には〈傷つきたくなくて連絡をしない〉とありますが、もしかしたらそれは単に「自分の生活や人生における恋愛のプライオリティが下がっている」というだけのことかもしれません。

また、今の自分のことを〈考えすぎ〉と否定的に捉えているようですが、誰かと真剣に付き合うことにはどれだけ時間とエネルギーを必要とするかを、6年間で身をもって体験しているはずの美帆さんが、以前よりも恋愛に対して慎重な姿勢になるのはごく当然のことにも思えます。検討項目が増えればそれに応じて決断までの時間は長くなるはずです。

さらに、自分の感覚や気持ちをより鮮明に捉えられるようになっている可能性も高いと思います。相談文にある〈いいなー〉という感覚は、かつての美帆さんならそれだけで「恋愛感情」と認識していたかもしれませんが、今の美帆さんは「微量の恋愛感情はあるかもしれないけど、恋人になりたい感じの『好き』とは違うかも」というように、より高解像度で捉えている可能性もある。だとするなら、先に進みたいというモチベーションが育たないのはごく普通のことです(そういう相手とは、友だちや飲み仲間になったりしたっていいわけです。無理に〝恋愛 or NOT〟で考えず、自分と相手の気持ちにフィットする関係性を築けるようになるのも大人の醍醐味でしょう)。

旧バージョンの自分と比較することで生まれた「わからない」「考えすぎ」「下手」というネガティブなラベルを剥がし、現在の自分が感じることや考えることを基準に判断し、行動していく──。これが〝恋愛観のアップデート〟です。

そもそも「自然に」とは、「わざとらしさや無理のないさま」「物事が本来そうある通りであるさま」という意味を表す言葉です。それは究極的には美帆さん自身にしかわからないものであり、いくら親しい友人であっても、他人が〈下手〉などとジャッジできるものではありません。むしろ、違和感があったら立ち止まって考えられるほうが「自然」であり、「上手」だと言えるのではないでしょうか。自分が付き合いたいと思ったときだけが「自然」なタイミングであり、それは美帆さんにしか判断できないことです。どうか自分の「自然」を手放さずに進んでみてください。


桃山商事のもうひとつの人気連載
桃山商事の恋バカ日誌」が、
書籍になりました!


生き抜くための恋愛相談

桃山商事
イースト・プレス
2017-09-07

この連載について

初回を読む
生き抜くための恋愛相談

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事)

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomohiki 恋愛観のアップデート、自己分析。自分の「今の」感情を大切にするのって大事だよね。成熟してるんだから。 @momoyama_radio /森田雄飛(桃山商事)| 4日前 replyretweetfavorite

momowakko 長く付き合った彼氏と別れたあと、彼氏の作り方がよくわからなくなってしまったという女性からのお悩みに回答した記事がアップされました。恋愛のブランク問題ってありますよね…🤔 https://t.co/Uoo6wGo1u0 5日前 replyretweetfavorite

momoyama_radio 長く付き合った彼氏と別れたあと、彼氏の作り方がよくわからなくなってしまったという女性からのお悩みに回答した記事がアップされました。恋愛のブランク問題ってありますよね…🤔 https://t.co/SfhBFyuUfF 5日前 replyretweetfavorite