生き抜くための恋愛相談

男が思う「エロい女」って、どういう人?

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモヤの核心に迫ります。桃山商事の人気コラム『生き抜くための恋愛相談』を特別公開!

気になる男性の好みがわかりません

友だちが開いた飲み会で知り合った男性のことが気になっています。その飲み会で「好きな女性の好みはどんな人?」という話題になったときに、彼は「エロい女の人がいいな」と言っていました。

しかも、他の男性もみんな「超わかる~」と同意していたんです。私には全然わかりません……。

男性にとっての「エロい女」ってどんな人なんでしょうか? また、「エロい女」になるにはどうしたらいいですか?

(31歳・まゆみ)

二元論的発想と受験型恋愛

まゆみさんは〈男にとっての「エロい女」ってどんな人なんでしょうか?〉と書いていますが、ここには「世の中にはエロい女とエロくない女の2種類がいる」という〝二元論的な発想〟が見て取れます。そして自分のことを「エロくない女」と位置づけ、気になる男性に好かれるためには「エロい女」にならなくては……という焦りを抱いているようです。

またこの相談文からは、「正解」を求めるマインド(=男性にとっての「エロい女」ってどんな人なんでしょうか?)と、「努力」の方法を知りたい(=「エロい女」になるにはどうしたらいいですか?)という気持ちが見て取れます。

このように、「恋愛には『正解』や『方程式』があって、正しい努力を重ねていけば幸せに近づける」という発想を、我々は〝受験型恋愛〟と呼んでいます。

物事には目指すべきゴールがあり、そこに至るまでのカリキュラムも整備されている。そして、努力して正解を積み重ね、成功に続く階段をひたすらのぼっていく─。その心構えはまるで受験生のように感じられます。

まゆみさんの場合も「男性にとってのエロい女」という「正解」を知り、そこに至るカリキュラムを欲しているように見受けられますが、はたして「エロ」とはそのような努力によって獲得していくものなのでしょうか?

「記号」としてのエロ、「実感」としてのエロ

まゆみさんには特定の気になる男性がいるわけで、本来なら「その人から好かれること」が目的となるはずです。しかし、彼が「エロい人が好み」と言い、まわりの男性たちもそれに同意したことで、まゆみさんの中で「彼から好かれること(=彼からエロいと思われること)」と「すべての男性からエロいと思われること」が混同してしまったのだと考えられます。

エロい女性像は、確かに最大公約数的に語られがちです。有名人で言えば、壇蜜さんや橋本マナミさんなんかがその象徴的な存在かもしれません。グラマラスで、ミステリアスで、憂いを帯びていて、艶めかしくて、いい匂いがしそうで……と、その構成要素を挙げればいろいろ出てくるでしょう。

けれども、そういう要素をたくさん集めたからといって、意中の彼にとっての「エロい女」になるとは限りません。というのも、エロっぽさをまとうこと(=記号としてのエロ)と、特定の相手がその人にエロさを感じること(=実感としてのエロ)との間には、必ずしも相関関係があるわけではないからです。

「記号としてのエロ」とは、化粧や髪型、仕草やファッションなど、「男の人はみんなこれにエロを感じるだろう」とイメージされがちな要素のことです。こういった記号を集めれば「エロい女」に近づけると発想したくなる気持ちはよくわかります。ですが実際には、同じ「エロい」という言葉を使っていても、何にエロさを感じるかは個人差のとても大きい問題です。

例えば壇蜜さんや橋本マナミさんにエロさを感じる人もいれば、まったく感じない人もいるわけです。もしもまゆみさんが彼女たちのようになって、不特定多数の男性から「エロい女」と思われたとしても、意中の彼からはエロいと思われない可能性だって大いにあるわけです。これは男女共通の話だと思いますが、とにかく「何をエロいと思うかは人それぞれ」としか言いようがない。そこはしっかり押さえておく必要がありそうです。

実感としてのエロはコミュニケーションの中に宿る

何にエロさを感じるかは個人差のある問題だとすると、「じゃあ、彼は何をエロいと思うの?」という疑問が浮上してくるかと思います。しかし、彼と恋愛関係に進みたいと願うまゆみさんの目標は、「彼の好みの記号を探すこと」ではなく、「彼が実感としてのエロさを感じる女性になること」です。

この「実感としてのエロ」は、相手とのコミュニケーションの中でしか発生しません。つまり、実際に関わってみないとエロは生まれない。だとすると目指すべきは、彼と具体的に関わり合う中で「エロいな」と思われる瞬間を作っていくことになります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

生き抜くための恋愛相談

桃山商事
イースト・プレス
2017-09-07

この連載について

初回を読む
生き抜くための恋愛相談

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事)

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abecst 記事中に出てくる「受験型恋愛」ってワード秀逸だと思う。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

okadappa 目から鱗! 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kameiy エロがゲシュタルト崩壊した 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yy_7813 |生き抜くための恋愛相談|森田雄飛(桃山商事)/清田隆之(桃山商事)|cakes(ケイクス) タンクトップを着て脇が見えるのがエロいとか象徴というより「エロい女」日常的言動だよね…うぬぬ、 https://t.co/f5hMfA13EC 6ヶ月前 replyretweetfavorite