生き抜くための恋愛相談

お笑い芸人にヤキモチ? 男の「嫉妬」っていったいなんなの?

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモヤの核心に迫ります。桃山商事の人気コラム『生き抜くための恋愛相談』を特別公開!

彼氏のジェラシーが意味不明です


男の人ってすぐ嫉妬しますよね? しかも、くだらないことで嫉妬しすぎだと思います。

この間なんて、私が『アメト—ク!』を見て爆笑してたら、彼氏がなぜか不機嫌になってしまい……。これも一種のヤキモチだと思うんですが、テレビの中の人に嫉妬してどうするんでしょうか?

まったく意味がわかりません。嫉妬に関するオトコ心を教えてください。

(31歳・鈴香)

彼氏の嫉妬の「わからなさ」

鈴香さんは、彼氏が嫉妬心を抱いていることはわかっています。しかし、彼が何に嫉妬しているのかイマイチ意味がわからず、困惑している。これが鈴香さんの現在地です。

男女限らず、嫉妬は誰もが抱く感情です。広辞苑によると、嫉妬には、

(1)自分よりすぐれた者をねたみそねむこと
(2)自分の愛する者の愛情が他に向くのをうらみ憎むこと

というふたつの定義が存在します。

もしも彼氏が芸人を志す人なら、「自分よりもおもしろい芸人に対する嫉妬」となり、(1)の線で理解が可能でしょう。また、鈴香さんが『アメト—ク!』の出演者に現実的な恋愛感情を抱いている、あるいは出演者から実際にアプローチを受けているというのなら、(2)の線で理解ができると思います。

しかし、状況はどちらにも当てはまらない。だからこれが意味不明なものに映っているのだと思われます。

男性に特有な〝嫉妬のツボ〟とは?

彼が何に嫉妬しているのかが鈴香さんにとってわかりづらいのは、それが極めて〝男性的〟なものだからです。したがって、男性である我々には彼の嫉妬の原因が実感としてよくわかります。

彼の嫉妬心を具体的に言語化すると、「俺よりも『アメト—ク!』に出ている芸人のほうがおもしろいことはわかっているが、〝俺と彼女〟という関係の中においては、他の男が俺より〝上〟に位置づけられていることが許せない」という感じになるかと思います。

とにかく女性がいる場面で他の男に負けたくない。いや、「負けていることにされたくない」と言ったほうがより正確かもしれません。その女性が恋人や好きな人だったらなおさらです。

見かけ上の「勝ち負け」にこだわり、すべてを自分のプライドに直結させる──。これが〝男性的な嫉妬〟の基本構造です。

このような感覚は、男性である我々自身も身に覚えがあります。

鈴香さんの彼氏は「おもしろさ」という点で下に位置づけられたことを嫌がりましたが、これは男性に特有な〝嫉妬のツボ〟のひとつです。他にも様々なツボがあって、思いつくままに列挙してみると……

・会社のブランド
・収入
・肩書き
・仕事のスケール感
・学歴
・フォロワー数
・オシャレ度
・モテ度
・セックスの経験人数
・リア充感
・筋肉
・運動能力
・ケンカの強さ
・知識量
・ヤンチャ度

などなど、このままいくらでも思いつきそうで、我ながらうんざりしてきます。男性はこのようなツボでプライドを刺激され、他の男性と絶えず競争させられているような感覚を持っています。

そのような男性にとって、恋人は自分を「男の中でナンバー1」と認めてくれている存在です。だから〝俺と彼女〟という小宇宙において、ナンバー1であるはずの自分よりも〝上〟の男が存在している(ような気がする)ことが許せないのです。たとえ現実世界の比較では敵わなくても、せめて恋人の前では負けていることにされたくない……。そのような「小さな勝ち負け」に異様なほどこだわってしまうのが男性的な嫉妬の特徴だと思います。

例えば我々の知人の男性は、まさにこのような嫉妬心の持ち主です。

彼は最近、身体を鍛えるためにジムの会員になりました。恋人の女性もジムに通っており、「一緒に行こう」と誘われているのですが、彼はそれを頑なに断ってひとりで通っています。

その理由は「彼女の前で引き締まった身体の男たちに囲まれたくないから」というもの。つまり、「筋肉」で「負けていることにされる」のが耐えられないというわけです。これは恋人の前で比較されなければいい話なので、別々に通う分にはまったく問題ありません。

先ほどの『アメト—ク!』とまったく同じメンタリティです。このように〝嫉妬のツボ〟は至るところに存在していて、我々男性は事あるごとに嫉妬心を刺激されているわけです。

〝ひとり相撲〟で不機嫌になる男性への対処法
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

生き抜くための恋愛相談

桃山商事
イースト・プレス
2017-09-07

この連載について

初回を読む
生き抜くための恋愛相談

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事)

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

unison_mino 今回もおもしろい 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

52qt 面白かった。競争させられてるような気になる男がこっちのせいにする、いるいる! "彼氏も大人なのですから、自分でこじらせた感情は自分で処理させればいいのです。積極的スルー。能動的無視。" https://t.co/KBWuU8OO7L 約1ヶ月前 replyretweetfavorite