人気カウンセラー・心屋さんが教える「自己肯定感と夢の関係」

「見つけるぞ!」とがんばっても、夢は見つからない。「叶えるぞ!」とがんばっても、夢は叶わない。そもそも「夢の正体」は? 夢を叶えるために大切なことっていったい何? 大人気カウンセラー心屋さんが自らの体験をもとに、夢の叶え方をぜ~んぶ教えます。
心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方』(学研プラス)を全文公開!(毎週火・木曜日更新予定)

私は、
夢が叶うのにふさわしい人。

人から認められるために、がんばる。
がんばって、認められるような実績を作る。
……だけど、そうすればするほど、誰からも認められない。
理不尽だと思うかもしれないけれど、世の中って、そのようにできています。

で、理不尽だと思うかもしれないけれど、じつは真っ当な理由があります。
がんばっても「認められない」のは、自分が自分を「認めていない」から。
「自分が自分をどう扱っているか」で、「人が自分をどう扱うか」が決まるということです。
逆に言えば、他人が自分をどう扱うかを見れば、自分が自分をどう扱っているかがわかるということ。
「周囲が私を認めてくれないのは、自分で自分を認めていないからなんだ—そりゃ、うまくいくはずないよね」
ということが、ここで初めてわかるんです。

自分が自分を認めていないから、周囲に認められようとがんばる。
実績をあげても、もっともっと認められようとさらにがんばる。
その間、ずっと、自分は自分を認めていない(がんばりつづけるのは、そのせいですね)。
こんなふうに、自分の中心に「自分はダメだ」がある限り、
「自分は認められるような人間ではない」と思っている限り、
その外側にいくら実績を積み上げても、何にもならないんです。

夢も同じ。
「私は夢が叶うような人間ではない」「その夢が叶うのにふさわしくない」と思っていたら、夢は叶わない。
叶ったとしても、満足できなかったり、叶いそうになるとなぜか自分でブチ壊してみたり、邪魔が入ったり。
「私は夢が叶うような人間だ」と思っていれば、夢は勝手に叶っていくんです。

ここでひとつ、気をつけてね。
がんばったら叶う、じゃないですよ。がんばりが足らないから叶わない、じゃないです。
がんばらなくても……、いえ、もっと言えば、がんばらない「からこそ」、叶っちゃうんです。

なぜなら、「自分はその夢が叶うにふさわしい人間」だから。叶うのは「当然のこと」なのです。
と、自分を認めてあげること。
がんばることで、それを邪魔しない。流れを邪魔しない。
「こんな私なんてダメ」から「こんな私はすばらしい」へ、
「私だからうまくいかない」から「私だからうまくいく」へ、
自分で自分の見方、扱い方をひっくり返すこと。
これが、「夢は叶えてもいい」という許可を、自分に与えるということです。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

超人気・心理カウンセラー 心屋仁之助氏が初めて語る「夢」の叶え方!

この連載について

初回を読む
心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方

心屋仁之助

著書累計450万部! 「夢の武道館ライヴ」を実現させた超人気・心理カウンセラーが、自らの体験をもとに「心屋流・夢の叶え方」を初公開! そもそも「夢の正体」っていったい何? そして、夢を叶えるために大切な「4つの大切なこと」っていったい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません