桃山商事の恋バカ日誌

エモい謝罪と冷静な謝罪、許されるのはどっち?

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。「恋愛と謝罪」その3となる今回は、謝罪の種類について。謝罪と言っても納得できるものから出来ないものまで種類は様々です。その中でも森田さんが妻に褒められたという「うまい謝り方」とは?

謝罪は高度なコミュニケーション!?

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今回も引き続き「恋愛と謝罪」について語っていきます。

森田 前回の「モメそうになるとソッコー謝る彼氏ってなんなの?」の後半では、謝罪のエンパワーメント効果の話になりました。

清田 謝罪は相手よりも下の地位に自分の身を置く行為だから、謝られた側はある種のパワーを実感して、傷ついた心が癒される。これが謝罪のエンパワーメント効果だったね。図に表すとこんなイメージ。

ワッコ 一方で、「すぐに謝るカレシ」の謝罪にはエンパワーメント効果がないという話にもなりましたよね。ちょっとモメると「はいはい、俺が悪かったのね」みたいな感じで上から謝ってくるやつには、ほとんど癒されない。

森田 とにかく穏便に場を収めたくて「すぐに謝るカレシや夫」の話って、ほんとよく耳にする。これは会社の先輩の話なんだけど、飲んでベロベロで深夜帰宅すると、妻にいつも怒られるんだって。それで先輩はすぐ謝るらしいの。あるときいつものように謝ったら、彼女に「なんで謝ってんの?」と言われたんだって。

ワッコ もっともな質問ですね。

森田 そこで先輩は、「え……なんでだろ?」と言ってしまったらしい。

清田 素直過ぎるでしょ(笑)。

森田 実際すごく素直な人なんだよねえ。もちろんその発言は妻の逆鱗に触れて、さらに怒られたそうです。そのときに「許してもらえる前提の、ご機嫌取りみたいな謝罪はやめてほしい」と言われたとのことです。

ワッコ 「許してもらえる前提」の謝罪はめっちゃイヤだなあ……。

清田 彼女としては、怒られたから謝るという短絡さが気に障ったんだろうなあ。俺もすぐ謝っちゃうところがあるから、耳が痛いです……。

森田 その場を収めたいという気持ちや、そっちのが有利にコトが進むだろうという打算があって謝るケースが、現実的には多いよね。前々回から参照している『失敗しない謝り方』では、そういう謝罪のことを「戦略的」と表現している。

ワッコ ちょっとかっこいいですね。

森田 けど、これは矛盾を孕んでるんだよ。さっきの「許してもらえる前提」の謝罪もそうなんだけど、謝ることが有利にはたらくという期待が相手に気づかれると、謝罪のエンパワーメント効果自体がかなり失われてしまう。つまり謝罪は、「戦略的でありながら、非戦略的と思われることが大切という、高度なコミュニケーション」なのだそうです。

ワッコ 演技派じゃないといけないってことですか?

森田 心からの謝罪じゃない場合は、そういうことになるかな。特に恋愛の場面だと、「心から」が求められることが多いと思うので。

清田 ほんとうの意味で謝罪するのって難しい。気づかないうちに弁解や正当化に走っていることも多そうだし。

謝るのがうまい男

森田 そういえばこの前、妻に謝り方をほめられたんです。「森田さんは謝るのがうまい」って。

清田 変わった方向からの評価だね。

ワッコ 謝るようなことするなよという話もありますけどね(笑)。それにしても「謝るのがうまい」ってどういうことですか?

森田 妻いわく、自分が何に対して怒ってるかを読解して言葉にしたうえで、まずはその怒りの感情に向き合ってくれる感じがあると。それを踏まえて繰り返さないための対策や改善点を伝えてくるから、謝罪に納得感があるんだって。

清田 完璧じゃん!

森田 や、そういうところは完全に『失敗しない謝り方』の影響でして(笑)。ただ、妻には「うますぎて逆に引っかかるところがある」とも言われた。

ワッコ そうなんですか!? 何が引っかかるのかな。

森田 まるで「出口の現代文」のような謝罪だって言われたの。

ワッコ あの有名予備校講師の!?

森田 だいぶ論理的でこなれてる感じがあり、警戒されているようです。

清田 すごいフェーズに入ってるね。

ワッコ 「警戒」というのは、「この人、テクニックでやってるな」と疑っているということでしょうか?

森田 多分、読解が冷静すぎるということだと思う。それで「戦略的」な印象が強くなってしまっているのではないかと。

ワッコ もっとエモがほしいってことですかね。「ロジカル過ぎるだろ!」みたいな。

清田 自分が怒っているときに、相手から「出口の現代文」のトーンでこられたら、確かにちょっとイヤかも(笑)。

森田 これはなかなか難しい問題なんですよ。正しく謝罪するには、修羅場のなかで相手の気持ちを読解して、「自分はどのようにひどいことをしたか」を客観的に整理して頭を下げる必要があるんだけど、一方で、冷静過ぎると戦略的な印象が強くなり、「心からの謝罪というイメージからは離れていく……。

ワッコ あちらを立てればこちらが立たず、ですね。謝罪むずいな。

エモーショナルで許された男

清田 実際、エモこそが大切になる場面もあるよね。

ワッコ 清田代表もベースが“読解系”だから、エモい謝罪とかしなそう。

清田 基本的にはその通りなんだけど、かつて一度だけ、カノジョとのケンカでエモい謝罪をしたことがありまして……話してもよろしいでしょうか。

ワッコ 聞かせてください! そもそも何きっかけのケンカだったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

生き抜くための恋愛相談

桃山商事
イースト・プレス
2017-09-07

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hoshionnna この連載面白すぎるな……最新だけ無料公開とかなのか? 10日前 replyretweetfavorite

yukihgs https://t.co/X1IMV4RlgF https://t.co/azI06tiL9H 13日前 replyretweetfavorite

celzephyr 最後のブッコミがすごいw  15日前 replyretweetfavorite

momowakko 元カノに泣きながら「別れたくないよ〜」とすがった過去を振り返りました。まさかあれが謝罪のエンパワーメント効果をもたらしていたとは、、専務の「出口式現代文」謝罪も注目です✨ https://t.co/aXNFj2T7Em 15日前 replyretweetfavorite