人間は死んだら「モノ」なのか「ヒト」なのか?

生きているときは「ヒト」だが、死んでしまった後、「ヒト」は「モノ」になるのか? この問題は、臓器移植の是非の問題と直結している。「モノ」と考えるから臓器を取り出すことができるのである。しかし、本当に「モノ」でいいのか? 解剖会社・養老孟司先生が、捉える生と死をまたぐ、人間の身体の真実!
ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?』より掲載第二弾!

 じつは、ヒトは生きているときから物体だと見れば物体であって、死体もまったくそれと同じものです。何にも変わりがありません。死ぬ前と死んだ後で体重は一切変化いたしません。これはかつてアメリカでそういう実験をやった人がいます。死にそうな状態の患者さんに頼み込んで、自分がつくった特別なベッドに乗ってもらった。これは精密に体重が計れるようになっていまして、医者がご臨終ですと言って心臓が止まったときに目盛りが動くかどうかじっと見てて、全然動かなかったと報告しています。そういう意味では、ヒトは始めから物体であって、生きているうちも物体ですが死んでからも物体である。物体性を持つといったほうがいいと思いますが、そう見ることができます。

人工物は用途によって名前が変わっていく

 今の少数意見の表現は、ヒトは死んだらモノ、ではそれをひっくり返せばどうなるか。生きていればヒト、そういうことです。しかし唯物論で言えば、生きていてもモノだが、死んでもモノだということです。ここに水を入れるものがあります。しかしここに穴がありますから花瓶にもなります。例えば私がこれで女房を殴って殺したということになると凶器ということになる。同じものであるにもかかわらず名前が変わる。皆さんは今、椅子に腰掛けていますが、その椅子が不自由だからといって机の上に腰をかけるとすると、机が椅子になる。

 つまり人工物は使われる目的によって名前を変えていいということがわかります。ところが皆さん方の名前は赤ん坊のときから六〇、七〇になっても名前は変わらない。私は自分のお宮参りのときの写真を持っています。私という赤ん坊が、いろんなものを着て、暖ったかそうな恰好で、ニコニコだかワアワアだか知りませんけど、とにかく適当な顔をして写ってます。それを見るとどうしても自分とは思えない。これは何か自分とは違うものです。私の同級生にヤマサ醤油の家の跡取りがいました。代々喜(き)左(ざ)衛門(えもん)を名乗るようになっている。ある年にその同級生の名簿の名前が突然変わったのでびっくりしました。これは歌舞伎界なんかでもそうですが、いわゆる襲名(しゅうめい)です。社会的に決まったある種の役割につくと名前が変わる。これは社会の中で起こっていることであり、つまり人工のものに対しては状況によって名前が変わるということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?

養老孟司

スマホやPCが必需品となった現代人は今、気づかないまま大きな落とし穴に突き進んでいる。どんな落とし穴なのか? そのサインは、突然、台所や部屋に現れるゴキブリを忌み嫌う心理の奥底を読み解くことで浮かび上がってくる。なぜ、あれほどに嫌うの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toki21n 揚げ足をとる気はないが、解剖会社ではなく解剖「学者」じゃないかい?│ https://t.co/pafgJ1Vuit 9ヶ月前 replyretweetfavorite