『いだてん』第9回「さらばシベリア鉄道」〜演出・大根仁が仕組んだ揺れ

脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛と、伝説の朝ドラ「あまちゃん」の制作チームが再結集。大注目のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第9回「さらばシベリア鉄道」。四三と弥彦を乗せてストックホルム・オリンピックへと向かうシベリア鉄道。その車内に仕組まれた大根仁演出の意図とは……。

〈「いだてん」第9回「さらばシベリア鉄道」あらすじ〉
四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向け旅立つ。ウラジオストクやハルビンを経由してのシベリア鉄道17日間の旅。不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らす。一方、孝蔵(森山未來)は、師匠・円喬(松尾スズキ)に「朝太」という名を授かり、噺家(はなしか)デビューに歩みだす!(番組公式HPより)


揺れる世界

 列車は揺れ、旅の不安を募らせる。

 この連載を書くにあたって、当然、毎週『いだてん』を見ているのだが、20:00きっかりに居間に座っていることができるかといえば、あいにくそうではない。宿のTVで見たり、放送後にオンデマンドを喫茶店で、ときには列車の中で観ていたりする。電波の弱い車内でPCのつっかえる映像を見るのは落ち着かないが、その落ち着かなさ、不安定さにドラマが寄り添ってくることがある。今回の筋書きはまさにそうだ。

 旅先の列車の中でドラマは進む。主人公格の治五郎がおらず、キャラの立っている可児永井もいない。四三と弥彦に同乗しているのは、どちらかというと影の薄い大森兵蔵と、容赦ない安仁子だけ。どうにも心許ない。その心許なさが旅の不安に重なる。

 列車は揺れ、地面は安定している。当たり前のことだ。

 けれど、今回の『いだてん』のカメラは違う。むしろ列車の中でカメラは安定しており、地上に降り立つと揺れる。安定している方がよい、という話ではない。カメラが安定することで、かえって車内の狭さは逃れようのない確かなものになる。狭い奥行きの中に、西洋と東洋が配置される。夜眠ろうとすれば、ドイツ人のいびきと日本人の咳が眠りを妨げる。朝着替えようとすれば、フンドシ姿の尻が仲睦まじく寄り添う大森夫妻の頭上に突き出る。ダシのない味噌汁責めに会う。「いかに西洋人の真似したとて、日本人は日本人なり」。日本人なり、と考えながら四三は西洋式トイレにしゃがんでいる。とにかく、西と東が近すぎる。近すぎて、四三には快便をもたらす西洋式の西すら受け入れる余裕がない。では、東の日本人はといえば、ハネムーン気分の大森も朝の身支度に三十分かける三島も「論外なり」。西も東も頼りにならず、四三はなんだか狭量な愛国の情にとらわれ始めている。

 ハルビンに下りると、逆にカメラは揺れ出す。ぐらぐらしない陸地のはずなのに、二人の不安を煽るように、揺れるカメラがハルびんの街を捉える。ここはかつて伊藤博文が暗殺された街。揺れるカメラの中にロシア兵が入ってくる。ロシア兵が強い口調でなにごとか言う。ぱすぱると。ぱすぽると。パスポート?

 外国を何度か訪れたことのある人ならたいてい、パスポートについての哀しくも恥ずかしいエピソードの一つや二つを持っているだろう。わたしもまた、同行者がバスでパスポートをすられてしまい、一日じゅうカタコトの当地語で大使館の場所をたずねてまわったことがある。ヨーロッパの寝台列車で車掌にパスポートを預ける制度を知らず、ここで渡したら旅は終わりだと頑として拒否していたら、隣の青年に「これはこういうきまりなのですよ」と優しく諭されたこともある。旅券がない航空券がないと鞄をまさぐった記憶は数知れない。

 ましてほとんどの人が外国というものに行ったことのない時代、四三が外国人に我知らず微かな敵意を抱き、任務通りに相手にパスポートの提示を求めるロシア兵の表情を見て命をとられるのではないかと恐れ、彼らにパスポートを渡したままあわてて別れてしまったとしても、無理はない。靴下からパスポートを取り出そうとする四三の手がばたつくのを見ながら、わたしはわたしの外国での記憶を想い出してたまらなくなる。旅先で弥彦の「なにやってんだよ、もう!」と同じ台詞をきいたことのない渡航者は幸いである。

リラックスがやってくる

 長い旅路が続き、どうやら今回はこの大陸横断だけに一回費やすのかもしれないと気づきはじめてから、なんだかすごいことになってきたなと思う。大河ドラマの数十分のほとんどが列車で移動する場面に費やされたことが、今までにあっただろうか。

 もしこれが移動のドラマだとして、今回のクライマックスはどこだろう。森山未來が「朝太」という名前をもらって走り出すときの、スーパースローで捉えられた美しい表情。いや、そこもよかったが、やはり列車の中なのではないか、と考えていたら、四三があまりの閉塞感に声を荒げ始めた。あ、ここかな。三島弥彦がなだめるように言う。「ちょっとつきあいたまえ」。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演出・井上剛と音楽・大友良英との対談も収録!

今日の「あまちゃん」から

細馬 宏通
河出書房新社
2013-12-25

この連載について

初回を読む
今週の「いだてん」噺

細馬宏通

近現代を扱ったNHK大河ドラマとしては33年ぶりとなる「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。伝説の朝ドラ「あまちゃん」と同じ制作チーム(脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛)が、今度は日本人初のオリンピック選手・金栗四三と、6...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

otmovie20503 "今回の『いだてん』のカメラは違う。むしろ列車の中でカメラは安定しており、地上に降り立つと揺れる。" 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

nobuashi 『 いだてん』第9回「さらばシベリア鉄道」〜演出・大根仁が仕組んだ揺れ|細馬宏通 @kaerusan | 神回じゃないかな。録画何度も見返してる。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

raichos ストックホルムの競技場が現存していることに感動を覚えたのですが、それもカメラワークの為せる技だったのか。 『 いだてん』第9回「さらばシベリア鉄道」〜演出・大根仁が仕組んだ揺れ|細馬宏通 @kaerusan | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

ReScblythe 『 いだてん』第9回「さらばシベリア鉄道」〜演出・大根仁が仕組んだ揺れ|細馬宏通 @kaerusan | ああ細馬さんは素晴らしい(語彙力ない) 約2ヶ月前 replyretweetfavorite