日本人移民として暮らしてすごい優しくしてもらった話

「人間らしい睡眠とりたい」と、ミャンマー人技能実習生5人が不当労働を訴えたニュースが注目を浴びています。「移民」という言葉に対して、自分には関係ないと感じる日本人が多いなか、牧村さんは「私も移民だった」と言います。牧村さんは日本人移民としてどんな体験をし、どんなことを考えてきたのでしょうか。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

移民。

……っていう二文字をみて、今あなたは、どんなイメージを思い浮かべただろうか。

私は、私を思い浮かべる。 私は日本人だ。 日本人は昔から、ブラジルとかハワイ、カリフォルニアなんかに移民してきた人たちだ。

私も移民だった。2012年から16年までフランスで暮らした。 だからなんか、「移民反対!」って言われると「呼んだぁ?^^」と返事したくなる。 移民局に通い移民教育を受け、日本人移民地区で納豆を食べた。日本人移民たちの間に生まれる、独特の現地語混じりの言語(ルー大柴の「トゥギャザーしようぜ!」的なアレのもうちょい複雑になったみたいなやつ)も話していた。

フランスだけじゃなく、世界各国の日本人地区にそういう言葉があるらしい。

私は面白くなって、そういう「日本人移民のもうちょい複雑なルー語」を集めてまわった。

だいたいあるのが、ヤミ仕事についての語彙だ。現地語ができなかったりして、現地で仕事を見つけるのがむずかしい日本人が、日本人からこっそり現金払いの仕事をもらう。だいたい納税しない。たいがい違法だ。パリの在仏日本人はこれを「ノワールの仕事」と呼んだりする。西海岸の在米日本人は「アンダー・ザ・テーブルでやっちゃって〜」と言っていた。時代劇の悪い商人が、食卓の下にススッと隠して、お代官様にワイロを渡すようなイメージ。めっちゃジャパンである。お主もワルよのう。

移民たちをカスカスに搾取しようとする経営者

そんなふうにワルかったり真面目だったり、ワルいことだと自覚できないほど現地の法律をわかってなかったり、ワルいとはわかってるんだけどそうしないと生きていけないくらい追い詰められていたりしながら、なんとか生きようとする移民たちを、カスカスに搾取しようとする経営者もいる。

移民労働力を搾取するのは日本人の場合もあるし、そうでない場合もある。「やる気を見せてみろ!」「勉強しに来てるんじゃないのか!」。いやぁしかしフランスまで来てそんなジャパニーズブラック企業かるたを改めて聞かされることになると思ってなかったな〜みたいな状態に追い詰められていく料理人の見習いさんや研修中の美容師さんを、「俺が労基局に通報してやる!」と助けてくれるのはフランス人だったり、フランス語のよくできる日本人だったり色々だ。

だからなんか、

「移民」

……この言葉を使うときに日本人を思い浮かべない日本人に、(説教しないって約束するから)、移民経験を伝えたいなあ、と、思った。

マジでやばいと思ったのだ。最低賃金の半分以下で、一ヶ月に450時間以上働かされて、「せめて人間らしい睡眠をとりたい」と訴えたミャンマー人技能実習生のニュースに対するリアクションが「そこまでしても日本で働きたい!って外国から人が来るんだから日本ってやっぱスゴイなぁ」だったりする人の様子を見て、「ひえ〜」と思ったのだ。

あ、いま、説教っぽかった?

すまん。

こんなに私が一生懸命この話をしてるのはやっぱ、私がいま日本でキツイから、だと思う。コンビニの外国人店員さんの発音を笑うテレビ番組が、私のことまで笑ってるようで怖くなる。

「ニーハオ!見ろよまた中国人だ。最近のパリは中国人ばかりだなあ!」
そうフランス語で絡んできた人に、

「ノン、ジュ、スィ、ジャポネーズ、メ……」
私は日本人だし、欧米人が全員英語しゃべるわけじゃないのと同じで東洋人が全員中国語しゃべるわけじゃないし、しかし仮に私が中国人だったとして一体なんだっていうんだ、あなたはなぜそんなことを言うのか……、

そんなことを一生懸命伝えたいけど、私のフランス語がゆっくり過ぎて、カタコト過ぎて、ちっとも話を聞いてもらえず、「ハハッ!ニーハオがなんか言ってる〜」みたいな空気でスルーされる。「差別とかじゃないよ、カタコトが可愛いと思っただけ。ね、○○ってもう一回言ってみて。きゃはは!」。そんな光景がぐるぐるするのだ。

今でも思い出す、彼らの豊かな優しさ

だからこそ、思い出す。 日本人移民である私に優しくしてくれた人たちのこと、今でも思い出す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TartRoroLsGreen 「『日本人だから』優しくしてもらった〜!」系の話じゃないです。好き。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

t5884 肝心のリンクを貼ってねぇ!! https://t.co/koxSkDesxA 9ヶ月前 replyretweetfavorite

t0mori ほんとこれ。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

deruri これから「移民」になる私たち家族。 受け入れられるか心配もあるから、まずは日本に来てくれた人に優しくしよう。 9ヶ月前 replyretweetfavorite