ビールにもワインにも合う、ピリ辛ポルトガル料理![第2回]

やって来ました金曜日! 一週間の疲れを吹き飛ばすような、うまーい酒とおつまみを紹介する「とりあえずビール!」。今回はビールにもワインにもぴったりな、スーパーの端っこの方においてある”アレ”でおつまみを作っちゃいます! ぜひお試しあれ~。

みなさんこんにちは!
毎日お疲れさまです。
さ、今日は何を飲んで何をつまみましょうか。

残暑もようやくやわらいで、だんだんと秋の空気に変わってきましたね。
体感温度や湿度が下がってくると、飲みたいものも変わってきます。
うま味やコクのあるワインやぬる燗の日本酒なんかも、
おいしく感じるようになってくる。

とは言いつつも暦はまだ9月、
家に着いたら、店に入ったらまずはビールという人も多いはず。
というよりむしろ、周りに聞くと「春夏秋冬年中ビールです」という人が多数派ですね。
おお、そういえばこの連載のタイトルも「とりあえずビール!」でした。

ということで今回は、ビールによく合いワインでもいけるつまみから紹介。
秋のはじまりなので肉っぽいつまみにしようかな。

肉のつまみなら、まずは内臓系が手っ取り早いかと思います。
レバーやハツ、砂肝もいいですね。
スーパーの精肉コーナーの端っこの方に
小さめのパックで並んでいるから使いきれる量だし、
しかもかなりお買い得価格。

日本人に馴染みがある内臓つまみの代表を考えてみると、
甘辛のたれや塩で味付けした焼き鳥のレバーやハツ、砂肝、
モツのみそ煮込みあたりがパッと浮かびます。
んーおいしそう。

でもですね、私の好きなポルトガルには、
いろんな内臓をピリ辛煮にした
『pipis(ピピッシュ)』というつまみメニューがあるんですよ。

これ、ビールやワインがすすむ簡単煮込み。
冷蔵で3日ぐらいは日もちするので
(口をつけた箸でいじったりしなければ、もう少しもつかな)、
多めにつくって毎晩ちょこちょこ食べられる。
できたてのあつあつもなかなかですが、
たっぷりの煮汁と一緒に寝かせれば、
翌日以降は味が落ち着いてさらにおすすめ。

この『pipis』の味の決め手はパプリカパウダー。
パプリカパウダーは肉類や魚介類に使うと味に深みが出るし、
食欲をそそる色に仕上がります。

『pipis(ピピッシュ)』の材料とつくり方はこんな感じ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード