カエルでもお姫様の夢を見たっていいじゃないか

【第26回】憧れの「ドルフィン・ソング」の二人へのインタビュー取材の翌日、トリコの自宅の電話に三沢夢二から電話がかかってきた。専属ライターになってくれないかという依頼。しかも今夜代官山で待ち合わせしたいという。天にも昇るような思いも束の間、オシャレをきめて代官山に向かったトリコを待ち受けていたのは……。

13 クラウディー

 その日、突然の電話で起こされた。朝まで原稿を書いて、編集部にFAXを送った後、力尽きてベッドに倒れ込んだ。私より先に枕を抱きしめていたはずの俊太郎は、こんこんと眠り続けている。

「この人の取り柄って何だろう? 無芸大食以外に」と思いつつ、ベッドから這い出て電話を取った。 「もしもし、僕だけど。トリコさんのお宅でしょうか」

 すぐに誰かわかった。

「夢二さん……三沢夢二」

「正解」

 受話器の向こうから、まるで福音のような声が響いて、私の深いところを揺さぶった。

「編集部からこの番号を聞きました。こないだはありがとう。いい記事だったね」

 私がインタビューしたページは当初の予定より増え、好評を博していた。読者からのアンケートはがきも人気の上位にあると聞いた。別の音楽雑誌の編集者も、「あれ読みましたよ。ドルフィン・ソングのふたりの音楽の知識に、トリコさんが負けず劣らず詳しくてたまげました。いやー、わかっていましたけど、やっぱりトリコさんって凄いライターですね。この世代の湯川れい子って呼んでもいいですか?」と絶賛してくれた。

「あのキャッチが笑った。中身はもの凄くディープなアルバム解説なのに、〝僕たちを、フィンドルちゃんと呼んでくれ〟って」

「あれは私が付けたんじゃなくて、編集部サイドが決めたことで」

「わかってる」

 夢二は本当に可笑しいようで、顔は見えなくても目を細めている様子が十分に伝わってきた。

「でさ、電話をしたのは他でもなくて。お願いがあるんだけど。今後さ、あの雑誌もそうだけど、他の媒体でもシリアスな音楽の話をするときは、トリコさんが記事を書いてくれないかな」

「え、え、え」

 この時代、ミュージシャンが自分の専属ライターを付けるのは珍しいことではなかった。自分たちのことをしっかりと把握し、飛ばしすぎたジョークの中からNGワードの取捨選択をし、きっちり記事にする。私がいた時代でも、大物アーティストほどライターを抱えていた。

「いいんですか。私なんかで」

「もちろん。恋と話し合ったんだけど、あいつもトリコさんがいいなって言ってたよ」

 私は頬を抓るという、ベタなことをやってみる。夢ではない。まだ夢の中にいるわけではない。

「引き受けてくれる? よかったー。トリコさん超多忙っていうからさ、僕が直々に電話させてもらったんだ。断られたらこっちで三つ指ついてでも—」

「私に拒否権はないです!」

 夢二は笑っていた。邪気のない、素敵な声だった。

「さっそくだけどさ、今夜時間あるかな。代官山詳しい? 八時に駅待ち合わせでいいかな? 音楽の話とかしたいな。今後のこともあるし」

 電話は切れた。ツーツーという機械音が鼓膜を震わせる。鏡を見たら、抓りすぎて頬が赤くなっていた。おまえはマンガの登場人物かとツッこむことも忘れてしまう。メールがなくて不便だと感じるのはしょっちゅうだが、人と人の声が触れ合える電話の有難みを知った。

 夢見心地で寝室に戻ると、俊太郎が眠そうな、だけど探りを入れるような声で訊いてくる。

「電話、誰から? ずいぶん楽しそうだったけど」

私は満面の笑みで返した。

「イタ電」

 俊太郎の顔を踏んづけてからベッドに潜った。

 原稿を早めに切り上げ、代官山へと急いだ。

 ダークネイビーのワンピと、アクセサリーでフェミニンを出す。なだらかなラウンドフォルムのサングラスでプチセレブを演出し、足元はビジューをあしらったパンプスで可愛く。そしてこんな日のために奮発したシャネルのバッグ。

 ばっちりだ。どこに出ても恥ずかしくない大人コーデ。恋も夢二も、ミーハーギャルに飽きているだろうから、大人の女性の魅力で勝負する。

 駅の改札口で待ちながら、この身に降り掛かった幸運を信じられずにいた。

 これから恋と夢二が私を迎えにやってくる。ドルフィン・ソングに気付いた人たちでパニックにならないか、余計なことを心配してしまう。大丈夫、主題歌に使われたドラマは始まったけど、アルバムが出るのは今週だ。ふたりの顔はそれほど知られていない。

 しかし、有頂天になりすぎてはならない。一筋繩ではいかないふたりに、どうやってさらに喰い込んでいくか。大切なのは、むしろこれからだ。

 雑誌で読んだ彼らの生い立ちを「占い」と称して言い当て、信用させていくのはどうだろう? やめとこう。胡散臭がられるだけだ。こんな私だが、スピリチュアルを信じていない。

 本当は今度こそ会ったら、「夢二、あなたは恋を殺すのよ!」と叫びたい。だけど薄気味悪がられて、遠ざけられたらどうしよう。もっともっと仲良くなって、信用されてから打ち明けたい。いや、それは口実で、私は一分でも多く、ドルフィン・ソングのふたりといられる時間が欲しかった。

 私は大それた夢を見る。カエルでもお姫様の夢を見たっていいじゃないか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林真理子さん、燃え殻さんも認めた著者の会心作、遂に文庫化!

この連載について

初回を読む
ドルフィン・ソングを救え!

樋口毅宏

林真理子さん、燃え殻さんも才能を認めた著者の会心作を限定公開!  2019年、45歳独身で人生に絶望したフリーターのトリコ。睡眠薬で自殺をはかって目覚めたのは、1989年の渋谷だった! トリコに幸せは訪れるのか?  「めちゃくち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません