第18回 100 円のコーラを1000 円で売る方法 — 値引きの怖さとバリューセリング — (前編)

『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』発売!!これを記念して、第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。

31

 〈社長の会計〉のシステム開発も順調に進んでいたある日、久美は商品企画会議室で、与田に価格戦略について報告していた。
「〈社長の会計〉の価格は、柔軟性を持たせたいと思っています。私のセールスの経験では、言い値で買うお客さんもいれば、徹底的に値引きを要求するお客さんもいます。だから言い値で買うお客さんには言い値で、値引き要求のお客さんには交渉して決まった価格で買ってもらうようにすると、当社の売上が一番大きくなります」
 久美は、数字を計算した表を与田に見せながら話す。

「〈社長の会計〉では標準価格は高めに設定しておきます。言い値のお客さんにはそのまま売る。強い値引き要求がある場合は徐々に価格を下げます。今までのお客さんの値引き率をもとに、売上をシミュレーションしてみましたが、この方法だと、当社の収益もバッチリ。売上も最大化できます」
(決まった! 我ながらいいこと言っているなあ)
 自画自賛する久美だったが、無表情で話を聞いていた与田は、「まったくわかっていない。最悪の結論です」とバッサリ切り捨てた。
「最悪って……」怒りでワナワナ震える久美は言葉にならない。
(これで売上が最大化できるということもちゃんと分析して、数字で示しているじゃない!)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
100円のコーラを1000円で売る方法

永井孝尚

6月8日に40万部突破のビジネスストーリー本『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。 そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。勝気な主人公・宮前久美と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tanayuki 「まったく、さっき定価で買ったばかりなのに、何で半額で売っているのよ!」 5年以上前 replyretweetfavorite

chukeipub ★お知らせ★『100円のコーラを1000円で売る方法 3』好評発売中! ただいま「cakes」にて1巻が読めます。12時46分まで無料公開!! こちらからどうぞ https://t.co/LV2CXAmmSr 5年以上前 replyretweetfavorite

takahisanagai 「あなたのようにお客さんの言いなりになることを、最近、マーケティングの世界では〝カスタマー・マイオピア〟と呼んでいます」 CAKES連載 5年以上前 replyretweetfavorite