海が近い場所に生まれ育っていたら、俺も少しは違っていたかも

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年5月4日と5日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

5月4日

電車に乗って雑司ヶ谷へ。
鬼子母神のおばちゃんに挨拶。

南池袋公園で遊び、タカセでケーキを食べるという理想の休日を過ごす。
帰りはかずが爆睡のため抱っこ。14キロ重たい。

5月5日

松江さん家族と小田原へ。

小田原久し振り。かずふみを妊娠中だったふさこと来て以来。小田原大好き。

会うなり、かずと○○○くんがキャッキャと戯れている。かずは恥ずかしがりながらも嬉しそう。

ひょうきん。

小田原に来たら、「だるま」と決めている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません