生き抜くための恋愛相談

片想い中の彼からLINEの返事が来ません

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモヤの核心に迫ります。桃山商事の人気コラム『生き抜くための恋愛相談』を特別公開!

片想い中の彼からLINEの返事が来ません


英会話のサークルで知り合った男性に片想い中です。どうでもいい内容のLINEにはリアクションがあるのに、「飲みに行こう」など具体的な約束をしようとすると返事が来なくなってしまいます……。

でも、サークルで会うと「返事してなくてごめんね~。またいつでも誘ってよ!」と言われます。そしてまた具体的な約束をしようとすると返事が来ない……いつまでもこの繰り返しです。

彼はどういうつもりなんでしょうか。「またいつでも誘ってよ!」と言う姿が超・天真爛漫すぎて、社交辞令には見えないんですよ!

共通の友だちもいないし、誘いに乗ってもらえないと距離の縮めようがありません。アドバイスをお願いします。

(28歳・美里)

「わからないこと」から「わかること」へ

どうでもいい内容のLINEはできるけど、飲みにいく約束を取りつけることができない。避けられているのかと思いきや、実際に会うと「また誘って」と愛想よく言ってくる……。

片想いをしている男性からこのような態度を取られ、脈があるのかないのか判断がつかず、期待と不安が入り混じった気持ちでモヤモヤしているというのが美里さんの現在地です。こんな宙ぶらりんな状態では、あれこれ思い悩んでしまうのも仕方ありません。悩ましいのはよくわかります。

相談文に〈彼はどういうつもりなんでしょうか〉とあるように、美里さんは彼の言動の〝理由〟や〝意味〟を知りたがっています。なぜ飲みの誘いには返事をくれないのか。なぜ会えば愛想よく接してくれるのか。「また誘ってよ」という言葉の意味はなんなのか──。これらの疑問に対する正解を求めて、美里さんは我々に相談を寄せてくれたのだと思います。

しかし残念ながら、我々には彼の考えや気持ちはわかりません。もちろん、その言動から脈の有無を推測したり、男としての自分たちの経験則やハウツーに照らして推論を立てたりすることはできるかもしれませんが、どこまで行っても推測の域を出ることはなく、また、それは美里さんにとって気休めにしかならないように感じます。結局のところ、「わからないこと」にこだわり続けても先に進むことはできないのです。

では、どうすればいいのか。我々が推奨したいのは、「わからないこと」から「わかること」へと視点を切り替えることです。今の状況で「わかること」は、「事実」と「美里さんの気持ち」のみです。

まず、ふたりの関係を事実ベースで整理してみると、次のようになります。

・英会話サークルの仲間である
・どうでもいい内容のLINEはやりとりできる
・飲みの誘いには返事をしてくれない
・直接会えば愛想のいい対応をしてくれる
・一応「またいつでも誘ってよ」と言ってくれている

こうやって見てみると、美里さんと彼は「他愛のないLINEのやり取りはするが、ふたりで飲みに行く関係ではない」という間柄にあることがわかります。これが事実から見えた彼と美里さんの距離です。

返ってくる球は、投げた球の速度に比例する

では、彼との関係を進展させていくためには、具体的にどうすればいいのでしょうか。相談文には〈誘いに乗ってもらえないと距離の縮めようがありません〉とありますが、この言葉からわかるのは、「私と彼は、ふたりで飲みに行けるくらいの距離の近さである」と美里さんは考えていることです。しかし現実としては、前述の通り、「ふたりで飲みに行く関係ではない」わけです。ここで重要なことは、自分の目測と現実の距離とのズレを受け入れ、「もっと距離を縮めないとふたりで飲みに行けない」と発想を転換することです。そこでここからは、距離の縮め方について考えていきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

生き抜くための恋愛相談

桃山商事
イースト・プレス
2017-09-07

この連載について

初回を読む
生き抜くための恋愛相談

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事)

「これって脈あり?脈なし?」「男にとって"重い女"ってなに?」「デートしても友だち止まり…色気とムードの正体とは?」「好きな人すら見つからない」…etc。18年で1200人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません