そうですね!」があなたの会話を劇的におもしろくする

誰でも使えるアドリブトーク術として科学的に研究された会話メソッド、「インプロ(即興力)」。このインプロをマスターし、プロ芸人の指導も行う放送作家が、「センス不要の鉄板トーク術」をこっそり教えます!これを読めば、あなたのトークにも笑いの神が降りてくる?!本連載は1月24日発売の「ウケる人、スベる人の話し方」より本文を抜粋して、お送りします。

ウケる人、スベる人の話し方ー「そうですね!」があなたの会話を劇的におもしろくするー


ウケる人は他人と自分のネタを区別しない

スベる人は他人と自分のネタを区別する


私のインプロのワークショップでは、「盛り上がるアドリブトーク」というお題で、設定だけ与えて即興で会話をするトレーニングがあります。しかし、そこで初心者の方は、次のような会話をしがちです。ここでは、親子という設定で話しています。

子「おかあさん、大変。転んで大怪我しちゃった!!」

母「え? 大したことないでしょ。そんなことより、宿題やったの?」

子「やったよ。でも、それどころじゃないよ。足が痛くて……」

母「気にすることないわよ! 本当に宿題やったか、見せてごらん?」

一見、どこにでもいる、母と子の会話に見えると思います。しかし、これは、アドリブトークを盛り上げる上では、かなりよくない会話の流れです。まず、子ども側は「大怪我をした」という話題を振りました。しかし、次に母親側は、その設定をチャラにして、「宿題」という別の話題を立ち上げました。

ですが、その次に、子ども側は再び「大怪我」というテーマで会話を進めようとします。それを受けて、母親は再び「宿題」というテーマに戻してしまっています。このように、相手が話そうとした話題を潰して、すべて自分色に染めるような話し方をする人は、スベる人になりがちです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ウケる人、スベる人の話し方

渡辺龍太

誰でも使えるアドリブトーク術として科学的に研究された会話メソッド、「インプロ(即興力)」。 このインプロをマスターし、プロ芸人の指導も行う放送作家 渡辺龍太 が、「センス不要の鉄板トーク術」をこっそり教えます!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hoge_maru_htrm "インプロの基本姿勢「Yes(そうですね), and 自分の意見」… https://t.co/eQyCbN71Ey 1年以上前 replyretweetfavorite

nishimori_yu なるほど。わかりやすい。初対面の人との会話にも全く同じことが言えそう。 1年以上前 replyretweetfavorite

PagannPoetry 自分の会話の流れを作ろうとしすぎず、相手の話に乗るだけで会話は面白くなるのか。面白いことを言わなくてもいい。 https://t.co/aQCVZ49IiM 1年以上前 replyretweetfavorite