保活が終わって、教育が始まる

父親になるってどういうこと? ググっても答えが出ないから自分で書いてみた。ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)による子育て実況連載、第21回。連載では触れておりませんでしたが保活にいそしみ成功した本人家。すると考えたくなってくるのが子の教育方針です。

保育園に受かった。

2019年2月を迎えたある日、区からお子の保育園内定通知が届いたのだ。努力(うち98%以上が妻によるものだが)が報われ、我が家は驚きと喜びを行ったり来たりした。いやほんと、不平等に見える加点方式や難解な入園案内、プレビューすぎて見渡せない見学会など多難も多難の(とは妻の談だが)あの高倍率の保活がこの結果とは……ひとまず我が家の日本は死なずに済んでくれた。候補の園を転職口コミ系サイトで調べ「ここは従業員満足度が高いので良い園!」と得意げに言ってみたり、ツイッターのアンケート機能を使って「保育園は距離で決めるのが一番だって!」と結果を共有してたくらいしかしてないおれだけど、さすがにうれしくって抱き合ったよ。

内定をくれた園は、英語教育をするとか広い庭で遊べるとかはないものの「子供の創造力を育む」的な運営方針にもとづき、おえかきなどのアート活動を積極的に行っていくのだという。おう、エッジィな育み方で大変よろしい。

この園に限らず、資料の数々を眺めたり見学してみたりする中で最近は「食育」「木育」といろんな育てがひしめいているんだなと知る。認可保育園でこうなら私立幼稚園はもっとすごいだろう。少なくとも自分の頃とは比べものにならない前向きな育成模様だ。自分のときなんて、せいぜい給食にモロヘイヤが入っててうへえってなったこととか、おひるねしないことを理不尽に怒ったとか、あとプールにうんこ浮いてた位しか記憶にない。育て方? 方針? どうだったっけな……。

まあそれはともかく、モダン保育園にこれから行くことが決まったうちの赤さんは、生後9ヶ月を迎えても未だにこうやって隔週連載の中で何かしら成長トピックを言えるくらいのスピードで進化を続けてくれている。前回書いたせんべいもいまやひとりで噛み砕くようになりましたし、離乳食を食べるようになったことで、これまで乳製品みたいだったうんこの香りも大人のそれへと着実に寄せてきている……。今はまだ感情を通わすことができないけど、そう遠くないうちに気持ちも言語も共有できるようになることだろう。

そうなってくると、ようやくこちら側も子供の将来について具体的に考えるようになる。それはつまり「どう育てるか」という親としての使命や責任感を現実課題として意識しはじめるのとイコールだ。ひたすら目の前の事件に対処するしかできなかった頃から経験値が付いてきたことも手伝って、最近は夫婦で「この子がどんなふうに大きくなるだろう、そこでおれたちは何をサポートできるかな」と話す機会が増えたように感じる。

挙がったものとしては、例えば「工夫して好きなもの総取りを目指せ」という両親の享楽への挑戦姿勢を引き継いでほしいというのは重要項目のひとつだ。オールナイトイベントなら体力を維持して開始からフィナーレまで駆け抜け、ポケモンならば情報収集してコンプを目指し完全優勝、みたいな強者になってくれたら実に心強い。ほかには、男子校出身者と女子高出身者からの切なる進路希望として「共学に進め」なんてのもよく出る。

つまりは、粒度はバラバラながら「自分たちが培った成功体験を同じように味わってほしい」と「自分たちの味わった苦い経験をさせたくない」という観点で、自分たちのバトンを渡すか“地雷”から遠ざけようと画策している。そのサポートが現段階における我々の育成だ。いわゆる理想の子育てについては不勉強なので、これから歩みだす第一子の明るい未来ってのはまず親の経験ベースで考えていきたい。

その中でもとりわけ自分が強く願っているものがある。今はほとんど我々二人としかよろしくやってない彼が、これからどんどん交遊を広げていくときに、どうかそれだけはと思っていることだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こうしておれは父になる(のか)

本人

「今にこの子は「パパ」としゃべるだろう。そのとき自分は、何としてきみを抱きしめたらよいか、再び考えてみよう」――ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)がはじめての子育てを実況! 父親目線で見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukke64 引用―粒度はバラバラながら「自分たちが培った成功体験を同じように味わってほしい」と「自分たちの味わった苦い経験をさせたくない」という観点で、自分たちのバトンを渡すか“地雷”から遠ざけようと画策している。 https://t.co/7IrVbs9DNU 9ヶ月前 replyretweetfavorite

biftech 保育園に受かった…! 9ヶ月前 replyretweetfavorite