文章の中に「数値」と「固有名詞」を入れなさい。

著書150冊以上のベストセラー作家が秘伝の文章テクニックをわかりやすく伝える、話題の新刊『心を動かす無敵の文章術』からの短期集中連載。今、メールや企画書、ブログ、ツイッター、ラインなど日常生活で文章を書く機会が増えています。でも、文章を書くのが苦手という人も多い……。文書力があれば、出世の可能性が高まり、プライベートでも幸せになれる確率が飛躍的に上昇します!

「もっと具体的に」とは、“数値”と“固有名詞”を示すことである

あなたはこれまでに「もっと具体的に」と言われたことはないだろうか。

社会人になりたての頃は、ほぼ毎日のようにそうした注意を受けるはずだ。

それ以前に、そもそも「具体」の意味をあなたは知っているだろうか。

具体の具は「具(備)える」だから、「体(形)を具(備)えているもの」ということになる。

つまり「形のあるもの」が具体ということである。

形のあるものは一般に数えることができ、また名前がついていることが多い。

だから具体的ということは、数値と固有名詞で示せる状態のことである。

「もっと具体的に」と言われたら、あなたはそれに数値と固有名詞を入れてより詳しく説明すればいいのだ。


たとえば、「たくさん」ではなく、「10個」や「100個」と“数値”で述べる。

あるいは、「一流大学」ではなく、「東京大学」や「京都大学」と“固有名詞”で述べる。

以上が具体的に述べるということなのだ。


こうした初歩的なことを知っているか否かであなたの評価はガラリと変わるし、

仕事やコミュニケーションが断然捗るようになる。


一方で、具体の対義語は「抽象」だ。

つまり、具体の反対だから抽象とは「形を備えていないもの」という意味だ。

ちなみに、抽象の抽は「引き出し」を意味し、象は「形」を意味する。

共通の形を引き出す、共通点を抜き出すのが抽象である。


たとえば、「10個」や「100個」ではなく、「たくさん」と述べる。

あるいは、「東京大学」や「京都大学」ではなく、「一流大学」と述べる。

以上が抽象的に述べるということなのだ。


IQの高い人は具体的なものを抽象化する能力に長けているが、ビジネスでは抽象的な表現を常用すると嫌われることが多い。

ひょっとしたらあなたも抽象化するのが大好きな優等生かもしれないが、ここは一つ、ビジネスという土俵では抽象的なものを具体化する訓練を積んでもらいたい。

なぜなら具体化したほうがより多くの人に伝わるから、より多くの人に愛されてお金も稼げるからである。

すでにお伝えしたように、「結論→理由→具体例」と最後に具体的に伝えることにより、「話がわかりやすい」「わかりやすい文章だ」とあなたが評価されるのは間違いない。


「である」調か「です」「ます」調かを統一させる

これは新人のみならずベテラン社員の文章でもよく見かけるのだが、

文末が「である」調と「です」「ます」調で混在していることがある。

市販の本でもそうした文章がたまにあって驚かされる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

短い文章で、読み手に刺さるアウトプット40

心を動かす 無敵の文章術

千田 琢哉
マガジンハウス
2019-02-07

この連載について

初回を読む
心を動かす無敵の文章術

千田琢哉

著書150冊以上のベストセラー作家が秘伝の文章テクニックをわかりやすく伝える、話題の新刊『心を動かす無敵の文章術』からの短期集中連載。今、メールや企画書、ブログ、ツイッター、ラインなど日常生活で文章を書く機会が増えています。でも、文章...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません