あなたに楽でいてほしい

王谷晶さんの「女のカラダ」を考えるこの爆走連載も、今回が涙涙の最終回。〈辛い仕事や人間関係に苛まれているときって、直接その場から離れて一人きりになったとしても常にそのことが頭の中をウロウロしていてうまく弛緩できない。で、またその心の切り替えが出来ない自分を「リラックスするのが下手だ」「オンオフが使い分けられない」とか言って責めてしまうんですよね〉そんなときの特効薬とは…。末尾にはビッグなおしらせも…!

おたのしみの時にする顔は

最後に「楽しい」って思ったの、いつだか覚えてますか。転職情報サイトのキャッチコピーみたいな感じで始めちゃいましたが、シリーズ女子と表情、「喜怒哀楽」のラスト、「楽」についてです。楽しい・HAPPYって感じでしょうか。そういうとみんなでワイワイ集まって騒いで盛り上がって心を開いてウェイSAY YO~みたいなイメージがありますが(中国語の表記も「開心」だったりするし)、楽しみというのは非常にパーソナルで閉じた面もあると思う。「楽しいときの表情」って、実は必ずしも笑顔じゃないじゃないすか。例えば私は「マウスクリックで間違い探しをする」という子供向けの毒にも薬にもならないwebゲームをやるのが大好きで一日のシメのリラックスタイムは必ずそれで遊んでいるのですが、マウスカチカチさせながらニコニコしているかというと、否なわけです。ハイパー無表情だし、なんなら口も開いてるし、空気の乾燥度合いによっては鼻もほじっている。そんな気の抜けた時間が人生には絶対必要で、というかそういう無表情口ポカ鼻ほじり要素がないと生きていくのは辛すぎる。

抜けるとき、抜けないとき

そう、「楽」という字にはHAPPYやFUNのほかにRELAXの意味もある。だらけきって、芯から弛緩した状態。女子の人生は緊張の連続だ。社会生活をおくるのに必要な最低限の緊張感プラス、犯罪被害や嫌がらせを避けるために警戒したり、女子のほうにより過重にのしかかってくるルッキズムに心身を削られたり、生活環境によっては自宅に居ても子供や家族・義理の家族の相手で気が抜けなかったり。そういう状態から開放されてでろんととろけきる時間を毎日確保できない人も、きっといると思う。想像するだにつれぇ。もしそういうひとがこのコラムを読んでてくれているのなら、せめてこの時間だけでも気を緩めて鼻くそをほじっていただきたいと心から思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
どうせカラダが目当てでしょ

王谷晶

脱・ライフハック! 脱・ヘルシー! ウェルカム非生産! 「鏡よ鏡、この世でいちばん美しいのはだあれ?」女子なら一度はかけられる呪い。でもその美しさって本当は誰のためのもの? “女と女が主人公”の短編集『完璧じゃない、あたしたち』が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayai_ing4 なんて優しい…シスターフッドとはこういうこと!みたいな記事で素晴らしすぎて泣きそう 書籍になるのが楽しみだ 10ヶ月前 replyretweetfavorite

nezu_1 「生存はイケてる。」> 10ヶ月前 replyretweetfavorite

bkd321 フラ〜ッと読んで面白くて元気の出るコラムだったので書籍化嬉しいです♪ たくさんの方に読んでもらいたいなぁ😊 10ヶ月前 replyretweetfavorite