羽鳥慎一アナが宇賀アナに凄んでいた

今回の「ワダアキ考」で取り上げるのは、フリーアナウンサーの羽鳥慎一。報道番組からバラエティまで幅広く活躍している彼ですが、先日放送された『羽鳥慎一モーニングショー』で武田砂鉄さんも驚いた出来事があったそうです。そこから垣間見えた羽鳥慎一の違和感とは?

関係者が5人も10人もいるインタビュー

先週、ニューヨーク在住のライター・佐久間裕美子さんと東京でトークイベントを開いたら、あちらで著名人にインタビューする時には、喫茶店なり場所を指定され、本人が1人でふらっとやってくることもある、と聞いて驚いた。それなのに、日本では関係者が5人も10人もいることがあって……と続く。あれ、やりにくいですよねと、しきりに頷く。そういう感じになりそうなインタビューの仕事をなるべくしないようにしているし、もはやその手の依頼がこなくなったとも言えるのだが、当人が前のめりに喋った瞬間から、当人の機嫌を良くするためなのか、周囲が条件反射的に笑い始めるような場が、本当に苦手なのである。

この手の「上機嫌キーパー」は、メディアのあらゆるところにいる。彼らが、その過剰な同意っぷりをどこまで自覚しているのかは定かではない。とにかく笑い、とにかく感心する。笑い飽き、感心し飽きると、唐突にパソコンを開いて、自分の事務作業に没頭し始めたりするので、この人はどういう心算で仕事をしているのだろうと首をかしげるものの、連日、何本も繰り返されるインタビューのそれぞれに丁寧に反応するほうがしんどいはず。だったら、最初の笑いと感心からナシでいいのに、と思う。あのルーティーンを少しでも減らす方法はないものか、と頭に置きつつも、自分でいちいち注意して回る余力などない。

気分が悪いという表情を隠さない羽鳥慎一

朝のワイドショーを見ながら、久々に「うわっ」と声を出した。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、テレビ朝日コメンテーター・玉川徹とウーマンラッシュアワー・村本大輔との対話が放送された。主に政治的課題をテレビがどう伝えるかとの話をした上で、今のテレビは、不安を解消するための道具、安心させるための道具になっており、真実を伝えるものになっていない、と忠告したVTRが終わると、玉川から感想を問われた羽鳥が、とっても不快、という表情を隠さずに、「それ(不安を解消する道具)じゃダメなんですか?」とぶっきらぼうに答えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

平成遺産

武田砂鉄,最果タヒ,みうらじゅん,ブレイディみかこ,栗原 康,田房永子,川添 愛,川島小鳥
淡交社
2019-02-19

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okadappa これおれもリアルタイムで見てて、びっくりしたんだよね。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

h_itou196011 うんうん、この場面、生の姿が映って興味深かった。→ #スマートニュース 5ヶ月前 replyretweetfavorite

urayasuroko 宇賀さん最高! 羽鳥さん最低⤵︎ 5ヶ月前 replyretweetfavorite

nyanco0118 こう言う決め込みが、テレビから真実味を奪ってしまうのだろうか? #スマートニュース 5ヶ月前 replyretweetfavorite