目の前で少女が車に轢かれた—その時、見てしまった世界

BuzzFeed Japanに所属する注目のライター嘉島唯さんが、だれの胸の内にもある学校、会社、友人、そして家族の思い出などを鮮明に映し出します。ある時、交通事故現場に遭遇した嘉島さん。そこで、ある「世界の境界」を目の当たりにしました。

信号が青になるのを待っていた。私は、たった数十秒の待ち時間すら退屈に耐えられなくて、Twitterの画面をスクロールしていた。

ドンッ。

聞いたことのない鈍い音。その一瞬で、空気が軋んだ。こういう時、人は頭より先に肌で異常を察するらしい。「なんてことするの……!!」と叫ぶ声が聞こえる。人混みをかき分け、違和感の発端を探すように視線を動かす。喧騒を整理しようと頭の中が混乱していた。

車、倒れた少女、泣き叫ぶおばあさん。

女の子が乗用車に轢かれた—ようだ。

流血はない。命に別状はなさそうに見えたが、実際はどうかわからない。ふくらはぎにタイヤの跡らしきものがついていた。少女の意識はなく、ぐったりとしていた。

1秒がゆっくり進む。目の前で起きた緊急事態に「どうしよう」という雰囲気が場を包んだ。

しかし次の瞬間、私は顔を歪めてしまった。

みんな歩いていくのだ。一瞥して、進む。幅が20メートルくらいありそうな横断歩道には、それなりに人がいた。けれども多くの人が、その場を理解した瞬間、全く違う世界の人間のように歩みだしていたのだ。

え?

青信号は交通事故が起ころうともすぐに赤信号になり、車はまた走る。確かに人はそれぞれ生活があり、急がなくてはいけないときもある。大勢が騒いだところで少女が轢かれたという現実は変わるわけもなく、彼女の意識が戻るわけでもない。けれども、とてつもなく静かに自分の時間を取り戻す通行人がそこにはいて、私には信じられなかった。二重に混乱してクラクラする。

何なんだよ。

怒りと疑問とよくわからない感情が湧いたが、力ずくで脳のモードを変えた。精一杯、冷静さを保つ。今、自分がすべきことをあらいだす。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
匿名の街、東京

嘉島唯

若手ライターの急先鋒、嘉島唯さんによる待望のエッセイ連載。表参道、渋谷、お台場、秋葉原、銀座…。東京の街を舞台に、だれの胸の内にもある友人、知人、家族との思い出を鮮明に映し出します。 第2回cakseクリエイターコンテスト受賞者、嘉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takapon_yt 正常化バイアス、の一言で説明できる状況が逆に怖い 5ヶ月前 replyretweetfavorite

newumedaifuku …実際に目の前にして 行動をする できる人とそうでない人と (´・д・`) 7ヶ月前 replyretweetfavorite

A_Across バイスタンダーとして傷病者対応する時の、いろんな要素がつまってて、考えさせられる。 救急車が出発したら、バイスタンダーはその場に取り残されるという事について、先日も考えさせられたばかりだった。 https://t.co/HVXVIIHdVH 7ヶ月前 replyretweetfavorite

tkskk ブギーポップが出てきそう。。 7ヶ月前 replyretweetfavorite