じっくり時間をかけて書いた企画は通らない。

著書150冊以上のベストセラー作家が秘伝の文章テクニックをわかりやすく伝える、話題の新刊『心を動かす無敵の文章術』からの短期集中連載。今、メールや企画書、ブログ、ツイッター、ラインなど日常生活で文章を書く機会が増えています。でも、文章を書くのが苦手という人も多い……。文書力があれば、出世の可能性が高まり、プライベートでも幸せになれる確率が飛躍的に上昇します!

企画書を書く以外の時間が勝負の分かれ目

ある程度社会人経験を積むと誰でも気づかされることがある。

それはじっくり時間をかけてウンウン唸って書いた企画は、意外に通らないということだ。

反対に、楽しんでサッと書き終わった企画は意外にアッサリ通る。

何とも皮肉な話だが、それが世の中というものだ。


じっくり時間をかけて書いた企画がなぜ通らないかと言えば、普段は何も考えていない人が考える企画だからつまらないのだ。

サッと書き終わる企画がなぜ通るかと言えば、普段じっくり考えている人の企画だから面白いのだ。


じっくり考えるのは普段するべきことであり、いざ企画を求められたら、普段考え抜いてきた引き出しから引っ張り出して提出すればいいのだ。

そういう意味でちゃんと遊んでいなければ現実の市場はわからないし、老若男女問わず対話することで幅も広がるから、日常すべてが企画のネタ集めだと言える。


経営コンサルタント時代の途中でそれに気づいた私は、今からじっくりと考えなければならないような企画は絶対に提案しないと決めた。

それ以来私の企画書は最大でもA4一枚となり、そこに「結論→理由→具体例」のみを記して次々と仕事を受注したものだ。

最終的にはそれすらもなくなり、依頼者にはオフィスに来てもらって、ホワイトボードに即興のプレゼンをして仕事を受注していた。

企画の内容に絶対の自信があってどんな質問にも即答すれば、相手は私に全幅の信頼を寄せることもわかってきた。

私は企画を提案する際に、「これを今すぐやらないのはアホではないか」というくらいの自信はあったし、そもそもそう思えないような企画は提案しなかった。


初期の頃は基礎を徹底するために、「企画書の書き方」的なマニュアル本を読むことも大切だろう。

しかし一度基礎を固めたら、さっさとその模範解答から離れる工夫を凝らすことだ。

マニュアル通りに企画書を書いて通るほど世の中は甘くないし、さらにじっくり考えて仕上げた企画書となるとより通る確率は下がる。

一流の企画立案者は、企画書を作成している時間以外こそが真の仕事なのだ。


コンサル的な図表は、自己満足である

あなたはコンサル本が好きだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

短い文章で、読み手に刺さるアウトプット40

心を動かす 無敵の文章術

千田 琢哉
マガジンハウス
2019-02-07

この連載について

初回を読む
心を動かす無敵の文章術

千田琢哉

著書150冊以上のベストセラー作家が秘伝の文章テクニックをわかりやすく伝える、話題の新刊『心を動かす無敵の文章術』からの短期集中連載。今、メールや企画書、ブログ、ツイッター、ラインなど日常生活で文章を書く機会が増えています。でも、文章...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Nakai_Yuri →https://t.co/yAnlQI7KNF 『心を動かす 無敵の文章術』(マガジンハウス) 5ヶ月前 replyretweetfavorite