​最近「コスパ」って言葉を聞かなくなってきた

どの飲食店に入るか迷ったときは、何を基準に決めていますか? ここ数年、お店を選ぶ基準にコストパフォーマンスを重視する人がかなり増えました。たしかにその瞬間は少し得した気持ちになれるかもしれませんが、それは本当に得をしているのでしょうか?

なんで「コスパ」という言葉が流行ったのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

一時期、「コスパ」って言葉が流行ったの、覚えていますか? コスパは「コストパフォーマンス」の略で、「コスパが良い」だと、「この金額でこの内容のこの質の商品やサービスが受けられるのなら、消費者にはとてもお得だ」という意味になります。

特に飲食店評価サイトなんかで、「コスパ最高!」って言葉が究極の誉め言葉になってしまって、僕たち飲食店経営側としては、「コスパが良いってどういう風にすれば感じてもらえるんだろう」ってしょっちゅう考えさせられました。

どうして、コストパフォーマンスについて消費者が考えるのが流行ったのでしょうか。それはやっぱりデフレ時代に入って、みんながとにかく「安いもの」を追い求めたことと無関係ではないですよね。「全品280円」なんていう居酒屋がたくさん出現したり、「他店でうちより安い商品があったら教えてください。うちも安くします」なんて表示を電気屋さんで見かけるようになったり、「地域最安値!」なんて言葉も見かけるようになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pasdeLapin 最近「コスパ」って言葉を聞かなくなってきた|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ctakawatanabe >本当に賢い消費者って何なんでしょうか? 絶対に1円たりとも損したくない、お店や生産者を儲けさせちゃいけない、って考えることではないですよね。今、「消費者が世界を作って育てる」っていう発想が広まっているんだと思うんです。 https://t.co/V0IqFxHiNF 3ヶ月前 replyretweetfavorite

closs33 最近「コスパ」って言葉を聞かなくなってきた|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

celzephyr 最近「コスパ」って言葉を聞かなくなってきた|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite