九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【マルメロ】

「黄河文明の後の夏(か)の国の王妃が、一匹の猫を飼っていた。
 ミイラにしてから埋葬するほど、王妃はその猫を愛していた。」
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



 セザンヌの静物画から滴った色が溜まって実るマルメロ




「お中元です」

 箱を持った来客があった。違和感があった。十二月だったことと、目がわたしを全く見ていなかったから。

「隣りの賽原(さいはら)です。主人は今ペルシャにいて」

「お仕事ですか?」

「まあそんなとこです」

 雪の予報が出るほど底冷えがするのに、綿の半袖で素足にサンダル。

「ありがとうございます」

 こう言って頭を下げれば、帰ってくれるだろう。顔を上げると、奥さんと初めて目が合った。


 箱を開けたとたん悲鳴を上げた。仔猫だと思って。

 けれどそれは、マルメロだった。

 皮に綿毛のような毛がもあもああってクリーム色の、やわらかな丸い塊。実家で飼っていたまろんは、仔猫のころ丸まるとこんな感じだった。しばらくまろんの思い出に浸った。


 翌朝、箱を開けて悲鳴を上げた。仔猫だった。マルメロにそっくりの。仔猫はわたしを見上げた。


 その日の午後、速達で分厚い封筒が来た。隣の奥さんからだった。消印は昨日だ。昨日ここに来る前か後に、わざわざ郵便局に行ったのか……。

 中は一冊の本だった。著者は賽原桃李、お隣のご主人の名だ。タイトルは、『夏の国の猫』。


 本はこう始まる。

「黄河文明の後の夏(か)の国の王妃が、一匹の猫を飼っていた。ミイラにしてから埋葬するほど、王妃はその猫を愛していた。猫の名は丸愛露だった」

「日本には八世紀頃、中国から、寺の経蔵の経典をネズミの害から守るため、船に一緒に乗せられてきたのが初めての猫だという説がありますが、私は異論を持っております」

「初めての猫は、夏の国の王妃が埋めた丸愛露なのです。そこから生えた樹になった実の種が倭国に渡り、植えられ、そうして、ある時は丸愛露という猫になりある時はマルメロという実になる、そのような現象が実るようになったのです」

「その樹は、今も日本に一本、対馬に現存しています」


 本を閉じ、テーブルの上の箱を見る。

 今度開けたら、丸愛露とマルメロ、どちらが出るだろうか。



 それぞれが誰かの一つの夏としてマルメロは光を孕んで生る


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.53(2018年12月号)[雑誌]

朱野帰子,寺地はるな,結城充考,荻上チキ,平原卓,渋谷直角,柳瀬博一,さやわか,越谷オサム,伊藤朱里,十市社,赤楚衛二,中山七里,宮木あや子,九螺ささら,吉野万理子,青柳碧人,東川篤哉,最果タヒ,乾緑郎,門井慶喜,ふみふみこ,千葉雅也,砂田麻美,カレー沢薫,本坊元児,恒川光太郎,新納翔,新井久幸,あいみょん
新潮社
2018-11-16

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません