彼女はそれが売春と言われる行為であることを後で知った

病院で過ごしている晶と身の回りの世話を焼くユウカ。病院のベッドの上で晶は、誰にも話したことのないずっと昔のことを思い出していた。

晶はずっと考えていた。

見た目が綺麗であることはそれだけで価値がある。

昔、クリスチャンだった母に連れられて毎週沖縄のある街の教会に通っていた。

その場に集まった大人たちから晶はいつも褒めそやされていた。

まるで西洋画に出てくる天使のような見た目だった晶は、そこで清純無垢なものを見るように愛でられていた。

しかし、自分が清純無垢じゃないと、早くから気づいていた晶にとっては、こうした周りの反応はとても好都合なものだった。

神様が晶に命を与えるときに「じゃあ、ちょっと美人にこしらえといてあげたからね」ってオマケ程度に顔の造作を作ってくれた程度のことだと晶自身は思っていたが、神様が気まぐれに与えた美貌は成長するにつれ思った以上に役に立った。

神様はどういうわけだか、人間それぞれの顔を特徴ある形に作り変えた。

よくよく見れば、同じ姿かたちの人間なんていない。目、鼻、口は機能は同じでも、姿かたちは微妙な差異があり、その差異のバランスだけで美醜が判断される。

骸骨にしてみたら、きっと見分けがつかないだろうに、その周りの肉付きで印象も性格も変わる。 目蓋の上に肉が1㎎でも多くのっていたら、目つきが悪く人から良い印象を持たれない。

観相学なんて言うインチキな占いでは、人生まで決められちゃう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "14歳で初めてエッチしてからというもの、男が自分の身体に触れたいという理由だけで、かなりバカなことをするということを知ったの..." https://t.co/jFQsuMdP1J https://t.co/2woNqbYmWq #drip_app 9ヶ月前 replyretweetfavorite