愛情観察

裸より美しい、女性の愛情の撮り方。

女性から熱烈に愛され、女性を熱烈に愛する写真家 相澤義和さんのインタビュー前編。なぜ、これだけ女性の親密な表情を引き出すことができるのか、じっくりお話を聞きました。
Instagramフォロワー10万人以上ながら、度重なるアカウント凍結により現在はweb上で閲覧不可能な作品群たちから編まれた待望の初作品集『愛情観察』は、大好評につき早くも3刷りです。

過去の記憶を揺り起こす写真

— 写真集、とても引き込まれました。女性たちの表情がとにかく優しいというか親密ですよね。写真に限らず良い作品は、見る人の過去の記憶を呼び起こすことがあると思うんですが、個人的にそういう感覚がありました。

相澤 ありがとうございます。そう言ってもらえるのは、とてもうれしいです。男性にも女性にも、昔の出来事を思い出したと言ってもらうことは多いです。

「◯◯ちゃん思い出した」とか「家に帰ったら、嫁に優しくしなきゃなぁ……」とか(笑)。

— わかる気がします。

相澤 この間も、知人から「昔、付き合っていた女性に、見つけてあげられなかった表情のような気がして、すごく自分はダメだったんだなって思い直した」と言われました。

 女性にこういう表情を、させてあげられなかった、見れてなかった、気づけなかった……。僕も若い時そうだったし、今でもそうなってしまいがちなんですけど、そういうことってありますよね。

— 引き込まれると同時に、すこし混乱しました。「これはなんなのだろうか」と。というのも、すべてプライベートの写真なのだろうか、と思うぐらいに砕けた雰囲気の写真が多いですよね。これはいわゆる「作品撮り」なんでしょうか。

相澤 そうですね。プライベートの写真も一部ありますが、基本的にこちらから撮りたいとお願いした人か、撮ってほしいと依頼があった女性を撮っています。

 普段の仕事はまるで違う種類の撮影をしているんですが、この写真たちは、そういうお金を頂いている仕事とは違い、パーソナルワークとして捉えています。

— どういうふうに撮るんですか?

相澤 撮るときはなるべく、個人的な友人を撮る感覚で撮っています。そうですね、いま僕ら面と向かって話しているじゃないですか。そういうときに、ただこう(手元のカメラを構える)……撮ってるんですよ。

 撮っていると、相手も自分のこういう動きに反応してるんだな、みたいなのを感じて、変化していく。その変化を徐々に積み重ねていくんです。

— ここに立って、こちらを向いてくれとかそういうのはないんですか。

相澤 ほとんどないです。「今日はこういう写真を撮りたいんだ」っていうテーマを設定することも、ほぼないです。変化をつけるためにポーズつけたりしますけど、それをいい写真と思うことはあまりないです。

 雑談をしながら、ただひたすら撮ります。大体、昔付き合っていた人のエピソードとか、なんとなく聞きながら、「ああ、そうなんだ〜」と相槌を打ちながら、相手が休憩で寝っ転がってる時でも撮っています。

— お風呂場でなど、肌を見せている写真が多いですけど、「お風呂に入ってるとこは撮らないでよ」とか、そういうコミュニケーションは……

相澤 ありますあります。相手がいやがることは絶対にやらないです。

ペットの犬を撮るような感覚で

— たとえば女性を撮るカメラマンの典型的なイメージとして、「いいよ、いいよ〜、きれいだよ〜」と言いながら撮るっていうのありますよね。ああいう感じでもないんですか。

相澤 もちろん、魅力的である、ということは随時伝えます。

 ただやたらとしゃべったりはしません。女性に言うと、わかってくれる人はすぐにわかってくれるんですけど、「ペットの犬と同じような感覚で接してる」んです。

— ペットですか?

相澤 これ間違えて捉えると、すごく見下しているように聞こえるかもしれないですけど、そういう意味ではなくて、犬には言語が通じませんよね。

 だから動きや表情を見ながら、「水がほしいのかな?」とか想像してコミュニケーションするじゃないですか。その感じで、言葉ではなく、相手の表情や反応を第一の判断材料にしています。言葉の表現よりも表情や態度表現の方が理解しやすいんです。僕は。

 もちろん会話もしますが、言葉よりも態度というか、表情を優先してコミュニケーションをしています。伝わりますかね(笑)。

— なるほど。何に集中して撮っているというのはありますか?

相澤 撮っているときは、何も考えないように、ただひたすら撮っているだけですが、女性の表情ですかね。ずっと目を見てます。

— なるべくリラックスしてもらうよう工夫をしたりとか。

相澤 基本的にはリラックスしてもらうのが一番なんですけど、相手が、例えばちょっとイラついたとか、違うこと考えたりとか、頻繁に感情が動くじゃないですか。そういう揺れ動きも彼女たちのある瞬間の物語として、それも含めて、彼女たちらしい魅力や感情に持っていけるようにしています。

一瞬の表情を見逃している

— あるがままに撮る中で、どうして女性たちが、こんなに輝いてるんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
愛情観察

相澤義和

Instagramフォロワー10万人以上、アカウント凍結6回。女性から熱烈に愛され、女性を熱烈に愛する写真家、待望の初作品集。 度重なるアカウント凍結により現在はweb上で閲覧不可能な作品群の中から、特に人気の高い作品を厳選したベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaku_misaki 「言葉ではなく、相手の表情や反応を第一の判断材料にしています。言葉の表現よりも表情や態度表現の方が理解しやすいんです。僕は。」わたしも。 https://t.co/8Um1Fn65AM 5ヶ月前 replyretweetfavorite

RyoheiFujita2 愛情が伝わる。 素敵な写真。 https://t.co/PrgeaQFFXo 8ヶ月前 replyretweetfavorite

__godgarden__ 深い。自然な写真撮るのってムズカシイからなあ 9ヶ月前 replyretweetfavorite

u5u 相澤「女性って普通に生活してると、一般的な常識とか、社会通念のもと、結構な制約の中で生きていますよね」「それに対して、『そんなことしなくていいから』って言い続けて制約取っ払っていくと、どんどんその女性のオリジナルに近づいていく」 https://t.co/jP46YeTetr 9ヶ月前 replyretweetfavorite