表現とセクシュアリティーズ

男性向けポルノに回収される、レズビアン表象

学習院大学でおこなわれた、『弟の夫』の田亀源五郎さんと『BL進化論』シリーズの溝口彰子さんとの対談、第7回。今回は、レズビアンである溝口さんの性的指向に影響を与えた作品たちをめぐるお話。それは、女性同士の恋愛ものではなく、『ポーの一族』『摩利と新吾』など、いわゆる「24年組」による少女マンガでした。言われてみると、ゲイ向けの作品は世の中にたくさんあるのに、レズビアン向けって少ない。その理由や、性別を超えた「脳みそのセクシャリティ」についても掘り下げます。

レズビアン表象が少ない!

エスムラルダ(以下、エスム) 溝口さん自身は、女性同士の恋愛もののマンガに感情移入するということはあまりない?

溝口彰子(以下、溝口) なかったですね。私が子どもの頃にはそういうジャンルがありませんでしたし。これは、そこにあったかなかったかという単純な話だと思うんです。もちろん小説では、吉屋信子の『花物語』や『屋根裏の二処女』はすでに描かれていましたが、当時は出会わなかったですね。


花物語 上 (河出文庫)

田亀源五郎(以下、田亀) 私たちの母の世代ですからね(笑)。

溝口 そう。私が子どもだった1970代は、『ベルサイユのばら』(池田理代子)が大ヒットしていた時代の少し後ですね。なので、少女が背伸びせずに普通に買える「少女マンガ」のなかで、自然に読んで影響を受けたのは、『ポーの一族』(萩尾望都)や『風と木の詩』(竹宮惠子)、『摩利と新吾』(木原敏江)、あと大島弓子さん(※1)の一部の作品、といったものですね。
※1 大島弓子:萩尾望都や山岸凉子、竹宮惠子らとともに「24年組」と呼ばれる少女マンガ家のひとり。代表作に『バナナブレッドのプディング』『綿の国星』『グーグーだって猫である』など。

田亀 じゃあ、レズビアンを描いたカジュアルなかたちの娯楽作品は、あんまり身近に見つけられなかった?

溝口 見かけなかったですね。

田亀 私の同世代のレズビアンの子でも同じような話を聞きます。たとえばGOLD FINGERというガールズオンリーのクラブイベントを企画している小川チガという女性が言っていたことですが、彼女もやっぱり高校の頃にレズビアンに関する情報がほしかったんだけど、参考になりそうなフィクションもなかったので、男性向けポルノ映画の『セーラー服 百合族』(※2)とかを見て、トラウマになっちゃったみたい。当時はレズビアン・ポルノというかたちのノンケ男性向けものしかなかったんですよね。レズビアン雑誌も、昔は「薔薇族」の別冊みたいなものでちょびっとあったり、あとは先程おっしゃった「アニース」や、「カーミラ」というのがあったくらいですね。
※2『セーラー服 百合族』:1983年のにっかつ映画。那須博之監督、山本奈津子・小田かおるが主演。

溝口 そうですね。「アニース」は96年創刊で、「カーミラ」はそれより後で2002年創刊の、もう少しエロを中心とした雑誌でした。

セクシャル・ファンタジーは千差万別

田亀 ほんと、レズビアン雑誌は単発的に時代のあちこちで出てくるんだけど、結局どれもメディアとして定着しなかったですよね。

溝口 はい、残念ながら。「アニース」「カーミラ」が出てきた時代になると、私は完全に大人になっていたので、表象として自分の心情に訴えかけてくるというよりは、もうちょっと冷静に見ていた感じです。


溝口彰子さん

そういえば、私がレズビアンコミュニティで活動していたときに出会った方々のことを考えても、たとえば掛札悠子さんという方は、私と違って24年組のマンガはまったく通っていない方でした。たしか中島みゆきが好きだってよく言ってました。現在も中野にあるレズビアンとバイセクシュアル女性のためのコミュニティ、LOUDの創設メンバーにはもうひとり、志木令子さんという方がいたんですが、彼女のレズビアンとしての感性は、映画『極道の妻たち』の姐さんみたいなものがカッコいい、というもので、それぞれ「私とぜんぜんタイプが違う!」と思いましたね。

エスム なるほど。レズビアン向けのメディアが定着しなかったことで、逆にレズビアンの方の興味の対象が分散され、好みがよりさまざまになったという側面はあるかもしれませんね。

溝口 ええ。でも、レズビアンだとカミングアウトして活動する人がすごく少なかった時代なので、表現物で好きなものが全然違っても、「レズビアン同士だよね!」みたいな連帯感を強く感じることがありました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
表現とセクシュアリティーズ

エスムラルダ /田亀源五郎 /溝口彰子

『BL進化論』シリーズの著者でレズビアンの溝口彰子さんが「いつか絶対、きちんとお話ししたい」と願っていたのは、ゲイ・エロティック・アーティストの田亀源五郎さん。田亀さんは、青年誌で連載されたマンガ『弟の夫』が大反響を呼び、数々の賞を受...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gaku_cscvroff https://t.co/WA0kH9euae 2ヶ月前 replyretweetfavorite

ppaypp >女性の裸や肉体そのものが、すでに表象として世の中に当たり前のようにたくさんあって、レズビアンがそれ以上“欲… https://t.co/LbqXVh5G2j 2ヶ月前 replyretweetfavorite

hiro_MtF #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite

akikomiz 田亀さんとの対談、7回目がアップされました。ぜひ。→ 2ヶ月前 replyretweetfavorite