写真で話そう

物語を感じさせる写真

写真は静止画です。それは当たり前ですが、そのシャッターを切られた前後に存在する「物語」を想起させる写真というのがあります。それはどういう写真でしょうか。

ワタナベアニです。今日のモデルは、クライアントのスタッフです。もう10年以上一緒に仕事をしていて、スタジオでもロケでもスタンド・インをやってもらっています。スタンド・インというのは、本番のモデルの前にライティングやアングルを決めるために立ってもらう役目のことです。

仕事をするごとに彼女のスタンド・イン写真が溜まっていきます。もちろんとても素敵な人なので、モデルとして仕事をしてもらったことが何度もあります。とても雰囲気がある人なのです。

彼女の場合は、映画のスチール写真のように、前後の物語が見えてくるといいなあと思って撮っています。映画のフィルムを一枚切り出したように。モデルには、それが自然に出せる人と出せない人がいます。表現はなかなか難しいんですが、そこが北海道であってもパリであっても、「ずっと住んでいる人」みたいに見えるのが理想で、彼女はどこでもそう見えるのです。

タイトルを入れたら映画のポスターになりそう。そんな写真を撮ろうと思ってフレーミングすると、ただ目の前の人を撮るよりも、物語を感じさせる写真になりそうな気がしませんか。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

watanabeani 「写真で話そう」 https://t.co/oPrc3hoe5P https://t.co/kQqjYXXl1S 3年以上前 replyretweetfavorite

die_kuma 同じ人のポートレートを繰り返し撮るのはすごく面白そう。 3年以上前 replyretweetfavorite

miyamototakuya ワタナベアニさんの連載が好きだ!今回の写真はとくにええなぁ。 3年以上前 replyretweetfavorite