わかる日本書紀

義父「お兄さんを溺れさせて従わせましょう」【神代⑧】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

ウミサチ・ヤマサチの物語とウカヤフキアエズの誕生

兄のホノスソリ(ウミサチ)は本来、海の幸を得る能力があり、弟のヒコホホデミ(ヤマサチ)は山の幸を得る能力を持っていました。

あるとき兄弟は、試しに道具を交換してみようということになりました。でもどちらも獲物を捕ることができませんでした。兄は後悔して弟に弓矢を返し、自分の釣り針を返すように言いました。ところが弟は、兄の釣り針をもう失くしていて、探しようも ありませんでした。
それで新しい釣り針を作って兄に渡しました。しかし、兄は承知しないで、元の針を返すように責めました。弟は気に病んで自分の太刀を溶かして新しい釣り針を作り、箕(み)※1にいっぱい盛り上げて渡しました。兄は怒って、
「私の元の釣り針でなければ、どんなにたくさん作っても決して受け取らない」
とますます弟を責め立てました。ヒコホホデミは憂い苦しみ、海辺に行って呻うめいたり溜息をついたりしていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません