いだてん』第7回「おかしな二人」〜高く笑う女、合図を出す女

脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、チーフ演出・井上剛と、伝説の朝ドラ「あまちゃん」の制作チームが再結集。大注目のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第7回「おかしな二人」。ストックホルム・オリンピックに向けて鍛錬を重ねる金栗四三、またもうひとりの選抜選手・三島弥彦。農家出身の上京青年である四三と名家の御曹司・弥彦が直面する問題とは…。

〈「いだてん」第7回「おかしな二人」あらすじ〉
治五郎(役所広司)の口車にのせられて自費で渡航費を用意しなければならない金栗四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に藁(わら)にもすがる気持ちで資金援助の手紙を出す。いよいよ出場選手としてオリンピックのエントリーフォームに名を連ねる四三と弥彦(生田斗真)。弥彦の豪邸で海外の食事マナーを学びながら、四三は、三島家の冷めた親子関係を感じ取る。それは貧しくとも自分を応援してくれる家族とは全く異なる姿だった。しかし、いっこうに兄からの便りがなく困り果てる四三。そんなとき、目の前に救いの神が現る!?(番組公式HPより)


高く笑う女

 控えめに言って、わたしは可児に夢中である。大胆にも優勝カップを注文した可児を見て以来、可児が出てくる場面が楽しみでしょうがない。可児が涙声になって、体液を大量分泌する四三を抱きしめたりすると、もうたまらないものがある。

 可児は、金勘定を担当していながら四角四面というわけではない。ちょっと小心で、そのくせ情にもろく、突然ハメをはずしたり、ずけずけと本音を言うところがある。その可児が陰口を言う。「でまた安仁子が…容赦ないんだ」。いつもは生真面目な永井が珍しく同調する。「出た安仁子。大体なんなんだあの出しゃばり女は」。二人は口さがなく大森安仁子と兵蔵の噂話をする。宮藤官九郎は、人を使って人を語るのがうまい。すでにキャラの立っている可児と永井が陰口をたたくことによって、これまではちらちらとその片鱗を見せていた安仁子のキャラがぐっと引き立つ。

 「出しゃばり女」とは言い過ぎな気もするが、全く当たっていないわけでもない。たとえば、三島家での食事会でのこと。和歌子が薩摩人ときいて、親しげに西南戦争のことを語ろうとする四三の話を和歌子はぴしゃりと遮る。「意味んなか話、まだ続けやっとな」。ここで、可児が取りなすように小さく笑うのに対して、安仁子は高らかに笑う。その、あまりに大きすぎる声が、気まずくなった空気をさらに凍り付かせる。彼女の高い笑い声のショットは、実は先の可児の台詞にも効果的に挿入されていた。だから先のミスター・クラブの台詞は正確にはこう書くべきだった。「でまた安仁子が(アハハハ)容赦ないんだ」。

 思えばシャーロット・ケイト・フォックスは、かつて『マッサン』で、ウィスキー造りを目指すマッサンのもとにスコットランドから嫁いできたエリー役として、日本の文化に必死でなじもうとする姿を演じていた。旧家の台所で釜の米がうまく炊けたと大はしゃぎするその可憐な演技を覚えている人も多いだろう。それが『いだてん』ではまるで逆のキャラクターとなり、日本文化しか知らぬ四三に、ナイフやフォークの使い方を厳しくしつける安仁子役を好演している。

 安仁子は四三のことを「フォーティースリー」と呼ぶ。名前を番号のように呼ぶその口ぶりにも、彼女の「容赦なさ」が表れている。そういえば、「しそう」という呼び名に慣れてきたせいで忘れていたが、四三は、父信彦が四十三才のときに生まれたのでそう名付けられたのだった。四三がフォーティースリーと数字で呼ばれるたびに、まるで四十三才の子、四十三才の子と繰り返し呼ばれているような哀愁が漂う。病弱で気弱だった父親の影が四三のテーブルマナーにも染みついているように見えてしまう。

 前回、四三を大人の事情で選出し、四三を呼びつけ、四三と治五郎のやりとりを見物していた体協の面々は、あくまで衝立のあちら側にいた。しかし、大人もまた、選ばれることから免れない。今回はその面々が、衝立のあちらとこちらで、選ばれることの悲喜劇を演じる。

 密かにストックホルム行きを期待する可児と永井は衝立のこちら側にいて、大森夫妻は衝立の向こう側にいる。可児と永井の陰口はすっかり衝立の向こう側に届いており、大森兵藏は耐えきれず咳をする。その咳を聞きとがめて、衝立の向こう側を確かめに言った永井は、大森夫妻を発見してあっと驚く(兵藏の咳がどうもただの咳払いでないのが気になる)。安仁子ににらみつけられたものの、永井はすっかりストックホルムに行く気になってしまい、後日、シベリア鉄道行きのためにコートまであつらえ、衝立のこちら側で、うれしげに「カンフォタボー!」と回ってみせる。その声もまた、衝立の向こう側にいる大森夫妻に届いており、虚しい空回りとなっていることも知らず。

合図を出す女

シマもまた、今回魅力を発揮し始めた一人だ。彼女は三島家の女中のなかでも、弥彦の側につき、寄り添うように振る舞う。しかし、それらの振る舞いは、いわゆる恋心から発するようなものとも少し違って見える。とりわけ気になるのが、彼女の出す「合図」だ。第一回、天狗倶楽部の演舞が始まろうとするとき、弥彦の「T, N, G、天狗くら—ぶ」というかけ声に、シマは唇を合わせるように動かし、指を鳴らす所作をしていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演出・井上剛と音楽・大友良英との対談も収録!

今日の「あまちゃん」から

細馬 宏通
河出書房新社
2013-12-25

この連載について

初回を読む
今週の「いだてん」噺

細馬宏通

近現代を扱ったNHK大河ドラマとしては33年ぶりとなる「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。伝説の朝ドラ「あまちゃん」と同じ制作チーム(脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛)が、今度は日本人初のオリンピック選手・金栗四三と、6...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kana_ya 相変わらず名文だなー。 https://t.co/xK6xaeF9yx 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Kawade_bungei 細馬宏通さんの連載更新! 四三と弥彦、若きふたりの運命がおかしくも交差する…→いだてん第7回「おかしな二人」〜高く笑う女、合図を出す女|細馬宏通 @kaerusan | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

kuwanoman822 https://t.co/xg61X2zcOK 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sc_hateruma 前回の「負けたら切腹」と今回の乃木大将がリンクする https://t.co/fNroBSrM5U 5ヶ月前 replyretweetfavorite