講義中に教授を遠隔操作!女子大生のエロ漫画的キャンパスライフ

日本初の「猥談バー」を手がける佐伯ポインティさんに、今週のちょっとエロい話をご紹介いただくこの連載。今回は、大学教授とエロ漫画のような関係を持ちながらキャンパスライフを謳歌している大学生Yちゃんのお話です。

猥談バーにやってきた、大学生のYちゃん。

彼女は、「大好きな大学教授と、講義中に互いに遠隔操作しあった」という猥談を披露してくれました。エロ漫画か!

果たして、どのような道のりを経て、エロ漫画的キャンパスライフに至ったのか。

性の目覚めから、インタビューしてみました!

************

薄い本を読んで、女の子と屋上でキスしてた小学校時代。

—性の目覚めは、いつでしたか?

Y「なんかエロいことがヤバい!って気付いたのは、小学校高学年かな。少女漫画を読み始めた時期に、『メイちゃんの執事』を読んで。あれ、じつはめちゃくちゃエロいの。お嬢様が相手の執事に抱かれる描写があって。それ見て、え! やばい~~!!って」

—少女漫画って、エロいって聞きますよね! 他にも読んでたんですか?

Y「その後、どんどんオタクになっていって、小学5年生くらいの時にアニメイトいったら、リボーンの同人BLを見つけて…めちゃくちゃよかったの!」

—それは刺激が強そうですね~!

Y「主人公のツナって女の子っぽくて、それをかっこいい男の子たちが、『おれのもんだ!』みたいな感じで抱いていくのに、めっちゃキュンキュンした!それがはじめて見た性描写。チンコが黒いノリみたいなので隠されてて、それもそれでまたよい!って思った。いい感じだな~と思って、そのアンソロを小学校にもっていったの」

BL本を小学校に持ち込むのは凄い。

Y「クラスの、アニヲタ限定で回し読みして。リボーンは、アニメも好きだし作品も好きだから、二次創作も「もしもの世界」みたいな感じでみてたと思う。あとなんとなくだけど、私も周りも、すべての恋愛が男の子と女の子で成立しなくてもいい、と小学生時点で思ってた」

—すごい、そんな小学生いるんだ!

Y「なぜか超ダイバーシティだった!その後、小学6年生の時に、私が女の子好きになって。同人誌を一緒に読んだことも相まって、その子とキスしちゃった!

—え!どこで??

Y「放課後、屋上あいてて…」

—放課後の屋上!!!

Y「エロいの読んで、お互い盛り上がってるときに、なんでも試したくなっちゃって。あと、違う女子ともキスしたり、いろいろしたりした。(笑)」

—小学生のとき、クラスでキスしまくってる子がいたの思い出しました…!

※精子の出る量はフィクションです。

Y「そこから、中学から大学まで、ずっと女子校で。その後、男子とはじめてセックスした時、全然痛くなくて…膜割れてたっぽい!(笑)」

—ワロタ~~~!その体験は、いつだったんですか?

Y「高校卒業ぐらいかな……30歳前後くらいの人とで。その頃、ニコニコ動画で歌い手やってて、私はそこそこ人気だったんですけど、相手は結構人気の歌い手で。歌い手同士だからカラオケ行って、向こうが「もっと楽しいことしようや…」みたいな感じで来て。私はエロいことキタ!と思って、『え!するする~~!!!』ってテンションぶち上がってた(笑)」

—ノリノリだったわけですね!

Y「そう !で、池袋のラブホいって。「アニメイト本店とかある土地にラブホあるんだ…私の知らない池袋だ~!」ってウキウキして。でも、当時の知識源だったBL同人誌は盛ってる部分があるから、実際してみると違う部分が多くて…」

—何がギャップでした?

Y「なんか…射精するとき、もっとドバドバドバ~~~!!って大量に出ると思ってて…

—ウケる!!!(爆笑)確かに、同人誌に”※精子の出る量はフィクションです”とか書いてないですもんね!

Y「そう! セックスの終わりって、もっと激しくて凄いフィニッシュだと思ってて。私も、もっと「ダメぇぇぇぇ~~~~!」みたいなイキ狂う感じかと思ったら、そんなでもなくて…「あれ…なんかそんなにセックス面白くないな…」と思って」

—めっちゃウケますね、その初体験の感想。

Y「その時に、自分のセックスへの期待値が下がって、漫画は漫画か…!と」

—その後は、どうでした?

Y「その初体験で、「これって相手が違えば楽しいものなの?」と思ってモヤモヤして。このままだと大学生になっても恋愛とか楽しめない!と思って、研究せねば!とモチベが湧いてきて。大学入る前の春休みに、研究期間として、いわゆるオフパコをしてたの!20人いかないくらいかな~」

—おお、結構いきましたね~!研究結果はどうでした?

Y「人によって個体差があることはわかった

—ウケる、地球に来たばっかのセルか!

Y「冷静に研究してました。(笑)どうやら、セックスのやり方、持続時間、チンコの大きさ、全部人によって違う。分かったこととして、「どうやら一番最初の人は上手くなかったらしい。だからイケなかったんだ!」と結論が出て。1人だけ上手い人がいて初めてイケて! 20人に1人位しか上手い人はいないんだ~って気付いた」

—すごい! 確率が出た!

Y「オタクだから熱中するとめっちゃ研究する。でも、いっぱいヤッたせいか、今もなんだけど、その人にランクをつけちゃうの。上手かった人ランキング」

—記憶力いい人しかできないやつ!

Y「そのランキングにも同人誌が影響してて、言葉責めが上手い人は最高なんだよね~!」

—なるほど! 同人誌のセックスが、「これがセックス」だったからね! セックスのイデアですね。

Y「そう! セックスのイデア!(笑)私の中では同人誌のセックスが、セックス

大好きな教授に、カウントダウン・キスされた。

—教授と恋愛するようになったキッカケは、なんだったんですか?

Y「私が教授を好きになったのは、顔とか雰囲気もあるんだけど、教授とゼミ関係で仲良くなって、その時に教授から本もらって。二村ヒトシさんの『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』。そこには"セックスという行為は相手の心の穴をさぐること"って書いてあって。読んでなるほど~!と思うと同時に、教授、きっとエロいな…と思って。片想いが始まりましたね」

—教授への片想い、どう進んでいくの気になります。

Y「わたし、好きになると、好きな気持ちを茶化す癖があって。『ほんと好きなんだけどマジ無理~!』とか『先週よりも今週のほうがかっこいい!好きが増します~!』とか言ってて。教授は冷静だし大人だから『はいはい、ありがとうね~』って感じ」

—なんとなく教授のオフビートな感じが伝わってきます。

Y「そこから、半年くらい声かけてなかった時期があって、ようやく会えたときに『先生、わたしまだ好きだよ~! 覚えてる~? てかめっちゃ好きだからご飯いこ~!』って冗談ぽく言ったら、『あ、じゃあ、わかりました行きましょう』って言ってくれて」

—おお~~~!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
佐伯ポインティの今週のちょっとエロい話

佐伯ポインティ

「エロデューサー」という肩書きで、猥談メルマガ、出張猥談師、猥談オークションなど、性愛にまつわるユニークな活動している佐伯ポインティさん。そんな彼のもとには、ときに笑えて、ときに切なく、ときに不思議な猥談が多数集まってくるのだそう。佐...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiyoku_ikitai なんかみんな自分のエロ住所把握してて偉くない?自分が好きなセックスがどんななのかちゃんと考えたことないや……今週末の宿題にしよ |佐伯ポインティの今週のちょっとエロい話 https://t.co/1nrrHwdg9V 7ヶ月前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 やべえけど楽しそうw 10ヶ月前 replyretweetfavorite

skdy0__3 |佐伯ポインティの今週のちょっとエロい話|佐伯ポインティ|cakes(ケイクス) 最高に面白いから読んでほしい https://t.co/JaFpBvAn63 10ヶ月前 replyretweetfavorite

geass_omoshiroi めちゃくちゃ笑った。エロ同人まんまのセックスしてる〜〜明るくて楽しそうだな〜〜!!!!精子の話、同じこと言ってる友達いたし、腐女子あるあるなのかなw https://t.co/YikGJh5VDN 10ヶ月前 replyretweetfavorite