暑い夏にひんやりおいしい! ポルトガル風ガスパチョ&パスタ![第21回]

梅雨があけたらうだるような暑さが続く毎日。夏バテになったりしていませんか? 今回のバダサオリさんの連載は、そんな季節にピッタリの体を中から冷やしてくれる野菜たっぷりなポルトガル風ガスパチョ。ガスパチョだけでは物足りないなぁ、という人のために、ガスパチョをアレンジしたスパゲッティもご紹介! この暑い夏を乗り切るために、ぜひ一度お試し下さい!

猛暑襲来!!!

蒙古じゃなくて、猛暑です。
7日付朝日新聞の一面見出しにこうありました。
昔はこういうダジャレ風見出しがどうにも許せなかったのですが、
いい大人になった最近は、案外すんなり受けとめられます。
いやむしろ、猛暑襲来かあ、蒙古襲来とかけたのかあ、ウマイなあとか思ったり。
こんな感じでいいのか、私。

ダジャレはさておき、
確かにこの真夏の幕開けぶりは“襲来”って感じです。
いきなりの暑さ全開がなんとも攻撃的で、
外を歩くと、数分で顔に足に腕にとビシビシ紫外線を感じます。

外を歩けば汗は吹き出っぱなし、
顔に塗った日焼け止めなんて5分で流れちゃう。
いくらSPF数値が高いのを塗ってもあっという間に地肌が出ちゃうよ、
どうしたらいいのこれ?
やっぱり日傘ささないとダメなの? と自問自答、
女子は紫外線と真っ向勝負の季節でもあります。

そんな暑い最中ですが、
さてみなさん、何を食べましょう。
体の中からクールダウンできる
ひんやりさっぱり系とか、どうでしょう?
ビタミンや食物繊維がたっぷりの、
野菜だらけの冷え冷えのアレなんていいかも。
アレですよ、アレ。
ほら、アレってコレです。

野菜だらけでうまみたっぷりのスープ「ガスパチョ」です。

スペインのものが有名ですが、
私の好きなポルトガルにもちゃんとあるんですよ。
南部・アレンテージョ地方にある
「アレンテージョ風ガスパショ」
「Gaspacho Alentejano(ガスパショ アレンテジャーノ)」
です。
ガスパチョ、じゃなくてガスパショ、と読みます。

はっ、いま聞こえてきました。
「ガスパチョかー。スープだけじゃちょっと物足りないんだよね」
というあなたの心の声。
そうですよね、スープだけじゃという人も多いかと。
そんなときは、このポルトガル風ガスパチョをアレンジした
冷製パスタ「ポルトガル風ガスパチョパスタ」はいかがでしょう。

先程のガスパチョよりも赤みが増しているのは、
トマトジュースを使っているから。
買ったトマトの味が弱いなあと思うときは、
トマトジュースを使うとコクや甘味がアップしますのでおすすめです。

ちなみにスペインとポルトガルのガスパチョの一番の違いは、
ポルトガルは野菜をミキサーにかけないこと。
野菜の食感を残したままで仕上げるので、まさに食べる野菜スープです。
実際ポルトガルでガスパチョを頼むと、
刻み野菜が入った大皿に氷水とビネガーが添えられ、
自分で好みの味に仕上げることもあります。
初めて見たときはその素朴すぎる様子にびっくりして、思わず
「なんで野菜をミキサーにかけないの?」と聞いたのですが、
逆に「なんでミキサーにかけなきゃいけないの?」と不思議そうに聞き返され、
妙に納得したことがありました。

では早速作っていきましょう。
材料はこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawa うちでもつくりましたー(((o(*゚▽゚*)o))) 誰でも美味しくつくれて良い!!! http://t.co/khTY52Nhc0 3年以上前 replyretweetfavorite

news_gebo 【第21回】暑い夏にひんやりおいしい! ポルトガル風ガスパチョ&パスタ!|バダサオリ|とりあえずビール!|cakes(ケイクス) https://t.co/s8NVHFsXga 3年以上前 replyretweetfavorite

recipe_b 【第21回】 3年以上前 replyretweetfavorite