僕の4年間を根こそぎ持っていった人—童貞からの長い手紙①

「もしも、あの時少しでも『やれたかも』しれないなら、あなたは決して独りじゃない」ーー今回の「やれたかも」は、数回にわたってお届けする「やれたかも委員会」初の長編作品です。大学入学まで女子のいる世界を知らなかった、童貞・寺河内将也。新歓で出会ったスキューバサークルの日野先輩、彼女こそ、「僕の4年間を根こそぎ持っていった人」でしたーー。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

AngusMacgyer 取材協力した『 8日前 replyretweetfavorite

EdmontonCruiser このやれたかも委員会、取材協力マクガイヤー ってなってるんですけどどこの部分が...?ひょっとしてマクガイヤー氏自身のエピソードなのか? https://t.co/3VQS4fJBdy 8日前 replyretweetfavorite

italyno10 わくてか 9日前 replyretweetfavorite

chan_ame86 すごく早稲田っぽい…笑 気のせいか…?🤔 10日前 replyretweetfavorite