市場が変わったとき、ブスがやるべきこと

中学時代「偏差値の高いブス」として承認欲求を満たした著者。しかし、頭のいい高校に進んだことで、即「ただのブス」に逆戻り。環境の変化で自分の価値が変わったとき何をすべきか。今回はちょっと真面目なマーケティング戦略です!

【前回の復習】

・縮毛矯正に行ったのにチリチリの縮毛になってしまった

・チリチリを機に一芸を身につけて「ただのブス」から「おもしろいブス」へ新しい武器を装備

・男に縁がなさすぎてジャニーズという空想世界に逃げたが、リアル世界に戻ってこれた

・リアル世界に戻るには、「街に出て彼氏のいるブスを見ること」


市場はかならず変化する

「偏差値の高いブス」から、「ただのブス」になった。

市場が変わったから自分の価値が変わった。

そこで、一芸を身につけるという商品改良をして「ただのブス」から、「おもしろいブス」となり、顧客のニーズを満たした。

市場は変わる。競合もどんどん変わる。これはもう避けられない。 

どんな優良な商品も市場が変われば価値が下がる。美人だってそうだ。田舎の「美人」は、都会に出たら「まあまあかわいい」になる。 「絶世の美女」も経年により、「昔美人だったおばさん」になる。

しかし、自分の要素のなかで、普遍的でかつ劣化しないものを見つけ、それを伸ばすことで価値の延命はできる。商品改良できるならば、市場に合わせて改良する。

これはビジネスの世界では当たり前のことだ。



ブスの作業 7  競合比較

注:本連載開始から「読者が実際に手と頭を動かす箇所」として、「ブスの作業」を提示している。「ブスの作業1~6」を読みたいあなたは、前回までの連載を見てネ。

「市場」について、少しだけ解説させてほしい。

市場とは、買い手=顧客がいる場所である。  

商品と顧客のニーズが合っていれば、商品は市場で売れる。しかし市場は変化する。変化にはさまざまな要因が引き金になるが、商品価値が下がるときに、「競合他社」というのが原因になっていることがほとんどである。

たとえば、ブラジャー。

ワコールやトリンプなど老舗ブランドが有名であったが、近年は「ブラトップ」というワイヤーなし商品を編み出したユニクロ(ファーストリテイリング)が、競合として台頭している。2016~17年に20~50代の女性600人を対象とした調査(日経MJ紙が実施)では、約1割がノンワイヤーブラにシフトしているという。

着心地をラクにしたいという消費者ニーズの変化を汲み取ったことにより、ワコールの売上シェア(約20%)に、ファーストリテイリングがせまる勢いとなった。

正しい競合比較をするために必要となるのが「3C分析」だ。

専門用語をあまり出したくないのだが、「3C分析」という言葉だけは覚えてほしい。

3Cとは、  自社(Company)  競合(Competitor)  顧客(Customer)  である。

中学校という市場では、田舎の先生や親が「顧客」であり、同級生が「競合」であったため、私という自社商品は偏差値70であった。「学力」ただ一点だけで勝てたのだ。

しかし、高校という市場では、まず競合が「埼玉県中の神童」に変わった。それによって、偏差値が50になってしまった。「学力」自体は変わっていないのに、競合の変化によって商品価値が下がったのだ。  このとき、「学力」ただ一点で勝負することのリスクを、思い知った。

次の図は、中学時代と高校入学当初の私の3C分析である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

笑いながらマーケティングの基礎が学べる!

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント