九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【チキン】

絞められるためにある首、飛べない鳥、まばたきをしない鶏。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

絞められるためにある首ぴったりとヒトの両手の中に収まり



 美術学校のデッサンのためのヌードモデルだけでは生計がたたないので、わたしはもう一つ、医学部の研究室での仕事を始めた。細胞研究の最先端であるその研究室は、ヒトの鳥肌から鳥を培養することに成功しかかっていた。


 その日は、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」の模写用のヌードモデルだった。わたしは、ある一人の学生の視線に異様さを感じた。視線をたどる。二年前に別れた彼に目付きがそっくりだった。

 全身に鳥肌が立つ。体の表面がひきつる。


 帰宅すると、鳥肌のいくつかが雛に孵化し始めていた。

 わたしは研究室に体を見せにいく。孵化した雛はまだ、わたしの体を離れない。そのまま、わたしはヌードモデルになる。ところどころ鳥になり始めているわたしの裸体は、「ヴィーナスの誕生」の新解釈なのかもしれない。


 成長し切ったところで、鳥はわたしの体から飛び立っていった。


 一羽、飛べない鳥がいた。研究室からその私物化を許可された。


 わたしは、視線が別れた彼に似ていた美大生と付き合い出した。


 飛べない鳥をわたしから切り取り、首を絞めてクリスマスに食べた。

 馴染みのある、鶏の味だった。


 なるべく鳥肌が立たないように、彼はいつでもわたしに優しくしてくれる。



 まばたきをしない鶏鶏舎から酉の刻の夕日を見てる



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません