母親が残した疑問符を引き継ぐ

坂本龍一さん、大貫妙子さんらから賛辞を送られる音楽家であり、ノンフィクション等の著書を多数持つ文筆家でもある寺尾紗穂さん。大学在学中にAV女優デビュー、日本経新聞社勤務後、夜働く女性たちに関するエッセイや、恋愛・セックスのコラムを執筆する作家の鈴木涼美さん。寺尾さんの集大成となるエッセイ集『彗星の孤独』(スタンド・ブックス)の刊行を記念し、同書に帯コメントを寄せた鈴木さんとの初顔合わせ対談第3回!

作家・社会学者の鈴木涼美さん(左)と音楽家・文筆家の寺尾紗穂さん(右)が異色の初顔合わせ対談!

音楽は降りてくる。文章は能動的に

鈴木 文章っていつ頃から書き出されたんですか?

寺尾 本になったのは修論が初めて。川島芳子という人について書いたんですけど(『評伝 川島芳子 男装のエトランゼ』)。

鈴木 修士論文がデビュー作なのは私も一緒です。『「AV女優」の社会学』(2013年/青土社)は大学院の時に書いたもので、出版したのはけっこうあとなんですけど。日本経済新聞の記者をやっていて死ぬほど働かされていたので、なかなか文章を直す時間がなくて。

寺尾 論文は校正の作業が膨大ですよね。

鈴木 そう。だから手をつけずに1年間放っておいて、それからちょこちょこやり出して、本ができた時には入社して3、4年目になっていました。ところで音楽をつくるのと、文章を書くことって、表現として全然違うものですか? たとえば、今日は文章を書きたいとか、今日は音をつくりたいとかって、気分によって変わってくるんでしょうか。

寺尾 音はつくりたいと思って、つくっているわけではないんですよね。来た時に書き留めておくみたいな感じなので、文章を書くことのほうが能動的なものなのかなと思っています。

「エッセイは鼻歌的に書ける。音楽的かもしれない」(寺尾) 衣装 spoken words project

鈴木 音は降りてくるんですね。文章は降りてくる感じとは違いますか?

寺尾 エッセイにしてもちょっと硬いノンフィクションにしても、文章は「さあ、書くぞ」となって書くから、書きたいというのとは違うかな。

鈴木 私も言葉があふれてくるとか、そういう感じではなくて。

寺尾 そうだったら詩人になってるのかな?

鈴木 どうなんでしょうね。苦しいけど書かずにはいられない! という作家さんは、ドラマチックな感じがして羨ましいですけど、私は何回も文字カウントして「あと1500字か……」とか思いながら書いているタイプなので、まったくアーティスティックじゃないんです。それに、音が自分の中から出てくるということも、私にはまったく想像できない経験です。文章を書くことと似ているところはまったくないですか?

寺尾 エッセイはわりと鼻歌的に書けて、ちょっと似ているかな。エッセイは音楽的かもしれない。

鈴木 エッセイだと指を走らせていると出てくる、みたいな時はありますよね。ああいう感じなのかな。

寺尾 そうだと思います。

母の嫌いな夜の世界に自ら入った

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「丁寧に書くことは、丁寧に生きること。」(いとうせいこう)唯一無二の音楽家・文筆家による待望のエッセイ集

彗星の孤独

寺尾 紗穂
スタンド・ブックス
2018-10-17

この連載について

初回を読む
女が生きるのは病のようなものでもある

寺尾紗穂 /鈴木涼美

坂本龍一、大貫妙子らから賛辞を送られる音楽家であり、ノンフィクション等の著書も多数持つ文筆家でもある寺尾紗穂さん。大学在学中にAV女優デビュー、日本経新聞社勤務後、夜働く女性たちに関するエッセイや、恋愛・セックスのコラムを執筆する作家...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Suzumixxx 寺尾紗穂さんとの対談、二回目もアップされました。文章の書き方について。寺尾さんとわたし、少し似たタイプなのかもしれません。 それから、死んでなお私を捉える母親の言葉について。 https://t.co/mOIlXxzl3F 約1年前 replyretweetfavorite