父親との新しい関係をつくる

坂本龍一さん、大貫妙子さんらから賛辞を送られる音楽家であり、ノンフィクション等の著書を多く持つ文筆家でもある寺尾紗穂さん。大学在学中にAV女優デビュー、日本経新聞社勤務後、夜働く女性たちに関するエッセイや、恋愛・セックスのコラムを執筆する作家の鈴木涼美さん。寺尾さんの集大成となるエッセイ集『彗星の孤独』(スタンド・ブックス)の刊行を記念し、同書に帯コメントを寄せた鈴木さんとの初顔合わせ対談第2回!

作家・社会学者の鈴木涼美さん(左)と音楽家・文筆家の寺尾紗穂さん(右)が異色の初顔合わせ対談!

人間として父親を見てみよう

寺尾 お母さんを亡くされたのは何年前ですか?

鈴木 この前三回忌をやったので、2年半くらい前ですね。

寺尾 涼美さんのお母さんは翻訳者、研究者でいらっしゃった灰島かりさんで、すごく知的なアドバイスを涼美さんにされていたみたいですね。

鈴木 母はすごくわかりやすく70年代っぽい人でした。もともとは劇団で女優とかをやっていて。

寺尾 うちの母も芝居をやっていました。

鈴木 そんな共通点があったんですね。そう、それでわりと感情に素直で、議論とかも好きだった。朝まで熱く何かについて話すことって、子ども時代には鬱陶しくて面倒くさかったんです。私の中では母親がちょっと前の時代の女の人っぽく思えて、私なんかよりもわかりやすくフェミニスト寄りの考え方だし、なんか……あまり友達にはなれないタイプだなって感じていました(笑)。

寺尾 私もそう(笑)。性格的に。

「父は今年の6月に亡くなったんですけど、小さい頃から離れて暮らしていた」(寺尾) 衣装 spoken words project

鈴木 でも私は、分量だけで考えても母親と話している言葉がすごく多くて。私が今、言葉を使う仕事をする上で、母親からもらった言葉がすごく多いことがわかる。実際に最初のエッセイ集『身体を売ったらサヨウナラ』(2014年/幻冬舎)を出した時は、母親との話を書こうってことではなかったんですけど、書いているうちに母親の言葉が私の中に入っていると思ったんです。寺尾さんもそうだと思いますけど、書く仕事をする上で親との関係も見つめ直すようになりました。

寺尾 私の父は今年の6月に亡くなったんですけど、小さい頃から離れて暮らしていたから、遠く育ったというか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オンナの現代資本主義論!

オンナの値段

鈴木 涼美
講談社
2017-12-07

この連載について

初回を読む
女が生きるのは病のようなものでもある

寺尾紗穂 /鈴木涼美

坂本龍一、大貫妙子らから賛辞を送られる音楽家であり、ノンフィクション等の著書も多数持つ文筆家でもある寺尾紗穂さん。大学在学中にAV女優デビュー、日本経新聞社勤務後、夜働く女性たちに関するエッセイや、恋愛・セックスのコラムを執筆する作家...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

palop13a …会場の写真を見る限り、客層はマノフレよりおっさんだった。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

yuhyuh__ |女が生きるのは病のようなものでもある|寺尾紗穂/鈴木涼美|cakes(ケイクス) https://t.co/LtQ0qFxpTU 9ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba 寺尾紗穂+鈴木涼美「私の中では母親がちょっと前の時代の女の人っぽく思えて、私なんかよりもわかりやすくフェミニスト寄りの考え方だし、なんか……あまり友達にはなれないタイプだなって」 (構成:森田真規/撮影:山口こすも)https://t.co/KvuMVzxoE1 9ヶ月前 replyretweetfavorite

Suzumixxx 寺尾紗穂さんとの対談、二回目もアップされました。更新され続ける親との関係、そして死に様について話してます。 https://t.co/hQKWHkMNLX 9ヶ月前 replyretweetfavorite