伊野尾慧 「ジャニーズだけじゃ食べていけない」男が食えるようになるまで

『めざましテレビ』レギュラーや『メレンゲの気持ち』初の男性MCとして老若男女を虜にしている伊野尾慧さん。「ほとんどバックダンサー」と自嘲する不遇の時代に打ち込んだ建築が期せずして現在の活躍の下地に。〝誰でもいい〟から〝誰も代わりがきかない〟存在になっていった、ジャニーズタレントの努力に迫ります。書籍版はこちらから。

「選択肢が多いことが、人生を豊かにすることだと思ってる。その選択肢で道を間違っても、それ以前に、分かれ道があるってことに価値がある」
(伊野尾慧,1990-)

Hey!Say!JUMP! “最後のメンバー”伊野尾慧に仕事のない時期の過ごし方を学ぶ

1990年生まれで、2020年には30歳になるとは思えない愛くるしさを出したかと思えば、ときに男としての色気も醸し出す。『めざましテレビ』のレギュラーや『メレンゲの気持ち』初の男性MCとしてお茶の間に顔が知れ、ひとたび雑誌の表紙を飾ればバカ売れするという、まだまだ計り知れない未知の魅力を持つ男・伊野尾慧。
ジャニーズの中でも正統派のHey!Say!JUMP!のメンバーですが、2007年のデビューからしばらくは、山田涼介や中島裕翔といった同世代のメンバーがグループの中心。本人もこう過去を振り返ります。
「デビューしてから7年半ぐらいほとんど個人の仕事がなくて、いてもいなくても正直よくわかんない立ち位置だったのよ。歌番組でも1回も抜かれなかったり、歌割りがなかったりしていた」

伊野尾の仕事歴を振り返ると、デビューの2007年から2014年までは、ほぼグループでのステージとバラエティ番組出演のみ。同じグループには前述の2人をはじめ、個人でドラマや映画の主演をするメンバーもいたことを考えると、大きな差です。自身も当時を振り返って「ほとんどバックダンサー」と自嘲するほど。
当時は、アイドル雑誌によくある『◯◯クンの1日に密着』という企画でも、「ええっ、こんなに暇なの?」とツッコみたくなるただの大学生のような1日が円グラフで書かれていて、傍から見ても心配な状況が続いていました。

Hey!Say!JUMP!はデビュー当初のメンバーが10人というジャニーズ史上でも最多人数のグループ。
しかも、そのグループのメンバー決めにおいてもジャニーさんに「ギリギリで決めた」と言われてしまっている伊野尾。そんなHey!Say!JUMP!の“最後のメンバー”といってもいい彼にはデビュー当初、なかなか目立つ仕事が回ってこなかったのです。

しかしそんな伊野尾も2016年には冒頭に述べたようなブレイクといっていい状態に。今回はそこに至るまでの“仕事のなかった時期の過ごし方”の話です。

「将来役に立てるために◯◯を学んだ」といったようなエピソードや「ひとつのことに集中して大成した」という努力のエピソードは、その計画性や美しさから注目されがちですが、今回はその系統の話ではありません。

何の役に立つかわからないようなことだけど、仕事以外の普通の生活を頑張っていたりすると、それが功を奏することだってある……といったような本人の雰囲気にも似たフワッとした話です。


風呂に入らず論文生活

さて“ほとんど個人の仕事がなくて”と本人も振り返る時期に、伊野尾は何をしていたのでしょうか。端的に言うと、大学に行っていたのでした。いや、正確に言うと、行けてしまったのです。ふつう、アイドルの大学進学というと“忙しい仕事の合間を縫って”というイメージですが、彼はガッツリ大学に通えたのです。

ちなみに伊野尾が進学したのは、明治大学理工学部の建築学科。大学生ジャニーズというと慶応大学の櫻井翔、同じ明治大学にも山下智久やNEWSの小山慶一郎といった先輩がいます。
平成生まれの伊野尾たちの世代では、既に、難関大学に進学することだけで注目されることは、なくなってきていました。しかしポイントは、大卒ジャニーズの中でも珍しい理系であること。さらに建築学科であったこと。これが、のちのち活きてくるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が書籍化されました! 本当の〝才能〟とは、努力できること。 SMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、滝沢、亀梨…… 「努力の16人」と、彼らを導いたジャニー喜多川の「育てる力」に迫ります!

この連載について

初回を読む
ジャニーズは努力が9割

霜田明寛

紅白歌合戦の司会を担当し続け、映画やドラマに出れば、ヒットを飛ばす、日本の芸能界を代表するジャニーズのタレントたち。しかし、彼らはもともと才能があって生まれてきた人たちではありません。「才能」と呼ばれるものは、天から授かるものではなく...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yumi1121622 https://t.co/cyV98VoZoS 約1年前 replyretweetfavorite

maruru_0622 これは雑誌Hでの「17歳の自分への手紙」で伊野尾くんが書いた、私の大好きな言葉なんだけど、オタ活にもまさにこれが起こるので(起こったので)、私の墓銘に刻んでくれ https://t.co/XRrYwdbauL https://t.co/NO2euUQ2XK 1年以上前 replyretweetfavorite

lookismmayu https://t.co/kaE95wI74K 1年以上前 replyretweetfavorite