林雄司・後編「ハトは必要に迫られて使うようになった」

「デイリーポータルZ」ウェブマスター・林雄司さんのインタビュー後編です。独自の色を持ったウェブサイトを運営する林さんは、やはり机の周りの道具にも独特のこだわりがありました。そして、おもしろい企画を次々に実践するデイリーポータルZの、アイデアの源泉はいったいどこにあるのか。その秘密についてもうかがいました。

キーボードon キーボード

— 林さんが普段使っている仕事グッズはどんなものなのでしょうか。

林雄司(以下、林) パソコンは会社から支給されたものですけど、キーボードにはこだわりがあって、別付けのものを本来のキーボードの上に乗せて使ってます。

— えっ! こんな使い方してる人、初めて見ました(笑)。

 もう、このキーボードじゃないとだめなんです。家も、新宿のオフィスも、公開編集部も、これを1台ずつ置いてあります。全部同じ型のやつです。東プレっていう会社の「REAL FORCE 91UBK」ですね。

— この会社、ホームページがまたいい感じですね。

 トップのフラッシュが熱いですよね。これほんと打ちやすいんですよ。これだけでノートパソコン1台分くらいの重さがあるんですけど(笑)。

— キーボードが薄くなっていっている時代にあえて(笑)。あと「これじゃなきゃ」というものはありますか?

 このノートはよく使いますね。メモをとると言うよりは、考えていることを書きだして、会議の前に頭のなかを整理するためにつかいます。

— あの、デイリーポータルZの「ペリーがパワポで提案書を持ってきたら」「どうでもいいことをプレゼン資料にする」などの記事の印象で、林さんといえば「パワーポイント」というイメージがありますが、普段の仕事でパワーポイントを使うことはありますか。

 いやあ、普段は使わないです。でも、大好きですよ(笑)。あのクリップアート、気になりますよね。あと、いろんな図がつくれるVisioっていうソフトも大好きで、個人用に買ってしまいました。画面遷移の図などが簡単に描けるんです。仕事でそんな図を描く必要性はあまりないんですけど。

— 何でそんなに好きになっちゃったんでしょうか(笑)。

 なんか頭よく見えるじゃないですか。こういう図がちゃちゃっと描けると。

— それだけのために(笑)。文房具でこだわってるものはありますか?

 このプラマンっていう万年筆とサインペンの間のようなペンが好きで。書き味が万年筆っぽいんです。

— あ、本当だ。カリカリしていて書きやすいですね。高いんじゃないですか?

 500円くらいですよ。カタカナで「プラマン」って書いてあるところとかいいですよね。買いためて、家にもいっぱいあるんです。もう5年くらい使っていますが、たまにペン先が割れてるのとかあるんですよ。

— え? 新品で買っても?

 はい。はずれがたまにある。ネジが緩くてすぐはずれちゃったり。そうしたら、インクが漏れるからセロテープでとめて使うんです。

— そこまでしてでも使いたい(笑)。

 雑なつくりだなーと思いつつも、そこに味があるなと。

違反じゃない、危険じゃない、ぼんやりしてない

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
クリエイターズ・デスク

cakes編集部

あの独創的な仕事をしている人の机は、一体どうなっているの!?――そんな疑問や好奇心に応える連載が「クリエイターズ・デスク」。それぞれの分野で活躍しているクリエイターの机を覗かせてもらい、その仕事のスタイルについてもこってりお話をうかが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask ランサーズ株式会社 に行ってきた!http://t.co/amj44P0TPk ←この記事でさらっと「リアルフォース使ってます」という一文が…!デイリー林さん愛用のキーボード、実は有名なのか…? クリエイターズ・デスク 5年弱前 replyretweetfavorite

matomotei “【第6回】 5年弱前 replyretweetfavorite

pha 【第6回】 5年弱前 replyretweetfavorite