自律神経の乱れは薬では治せない

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか? 人間関係、勉強、家族、容姿…ストレス社会で生き延びる技術を紹介します。『10代のための疲れた心がラクになる本』をcakesで特別連載!(毎週火曜・金曜更新)

自律神経の乱れは薬では治せない

「自律神経失調症」という言葉を聞いたことがありますか?
 周りの大人から「それは自律神経失調症だね」と言われたことのある人もいるかもしれません。
 でも、これ、具体的な病名を指しているわけではないのです。
 医師には、正式な診断名として使える病名のガイドラインというものがあります。自律神経失調症はそのなかには入っていません。
 自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れてしまってつらい症状があると認められる、そういう「状態」をいっているにすぎないのです。

 さらにいえば、自律神経の乱れは薬では治せません。
 自律神経は、外側からコントロールすることができないしくみになっている神経なのです。
 自律神経を外側から簡単に調節できてしまったら、ホメオスタシスが維持できません。大事な情報が入っているスマホやパソコンの中枢を、外部から勝手にコントロールされてしまったら困りますよね。それと似たようなものです。
 ですから、自律神経が乱れてしまうと、病院で処方してもらった薬を飲めば治せるといったものではないのです。
 ただ、つらくて苦しい「症状」を、薬で抑えるといったことはできます。
 たとえば、鎮痛剤や整腸剤を飲んで、頭痛や腹痛を止めることは可能です。そうやって部分的な症状を和らげる手法を「対症療法」と呼びます。
 対症療法でも、一時的に少しはラクになります。けれども、それは根本的な問題の解決にはなりません。乱れてしまった自律神経のリズムを治しているわけではありませんからね。
 では、どうやって治したらいいのか。それは後半の「技術編」でいろいろ紹介しますが、いちばん効果的なのは休養をとること。リラックスして、緊張や疲労をしっかりとり除くことこそが望ましい。ここではそのことをしっかり覚えておいてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄医師の最新刊、好評発売中!

この連載について

初回を読む
10代のための疲れた心がラクになる本

長沼 睦雄

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか?人間関係、勉強、家族、容姿...ストレス社会で生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

skillog2019 ネガティブな感覚や感情が湧くことは、生き物の本能として意味がある https://t.co/HNWgdLLO90 5ヶ月前 replyretweetfavorite

BANBAN13754381 おはようございます🐔 リンパマッサージの先生に 自律神経強いねと言われた女です 楽しい週末を~🐰🍑🍌🍀 #スマートニュース 5ヶ月前 replyretweetfavorite