会社とどういう関係を築くかは自分次第

小野直紀さんと尾原和啓さんによる『会社を使い倒せ!』刊行記念対談。アメリカ西海岸の現状にも詳しい尾原さんから見た日本の現状とは? 会社が一生守ってくれるわけではない時代に、会社とどういう関係を築いていくのか? 自分が楽しんで仕事をするためのマインドチェンジのヒントが満載の最終回です。cakesにて公開中の本編とあわせてどうぞ!(司会:ブックライター 上阪徹)

日本はぬるま湯になりやすい

—いわゆる優秀とかエリートの概念も、海外とかでは変わり始めているんですか。

尾原和啓(以下、尾原) わかりやすい話で言うと、グーグルにしてもフェイスブックにしても、シリコンバレーの会社って大学なんか出てなくても就職できます。一部のリーガルとかのプロフェッショナルは別ですけど。
インターネットの画面の向こうにいる人が、中学生なのか60歳のお年寄りの方なのかなんて関係ない時代なんです。インターネットのなかで、何かプロジェクトをやって成果を出して、みたいなエビデンスがあれば、もういくらでも自由に動ける時代になっています。

—尾原さんは海外と日本を行き来されていますが、日本と海外のギャップを感じることはありますか?

尾原 日本ってどうしても言葉で守られていますから、言い方は悪いですけど、ぬるま湯になりやすいところがありますね。やっぱり例えばアメリカは広いし、国としての平均年齢がいまだに30代前半をキープできている。日本は47歳になろうとしているわけです。これでは、ガツガツして新しいものをやらないと外から来た人に負ける、という感覚は生まれにくい。逆に言うと、日本全体がぬるま湯だから、一人だけ熱い異分子がいれば、その人は貴重です。つまり、日本を使い倒せってことでいいと思うんです。


日本を使い倒せ!

小野直紀(以下、小野) 日本を使い倒せって、ほんとにそうだと思います。次は会社を、じゃなく、社会を使い倒せ、という思いは僕にもあって。僕がそれをやるかはわかんないんですけど、そのぐらいのことをみんなやれるようになってきてるんじゃないかな、と思います。


左:リモートロボでご登壇の尾原和啓さん 中央:著者の小野直紀さん 右:ブックライターの上阪徹さん

実際、僕の周りには政治家よりも発信力がある人もいますから、政治家よりも世の中に対する影響力を持ったりするようになってきている。そういう世の中で、自分はどう生きるのかと考えた時、会社はひとつのコミュニティだし、街とか家とか恋人とか、自分を形作る要素がいろいろあって、それをどう人生に掛け算していくかを考えていくんだろうなと思っています。
そうやって世の中を動かしていく人たちが増えてきている印象があるので、会社を使い倒せなんて、ちっちゃいこと言ってんなーって思われてるのかも(笑)。

尾原 いやいや、だからこそ社会を使い倒せ、日本を使い倒せっていうチャンスが増えてるってことなんだと思いますよ。全然ちっちゃくないと思いますけどね。


失敗を許容できる社会

—では、会社なり社会を使い倒すためには、どんなマインドセット、マインドチェンジが必要なのか。何が阻害しているのか、お二人の見解をお聞きしてみたいですね。

小野 一昨年、僕はシリコンバレーに4カ月くらいいたんですけど、起業家がいっぱいいるんですね、スタートアップの人たち。その人たち、みんな失敗してるんですよ。すごい損失を負ってるんだけど、「いや別に俺が借金したわけじゃないし」ってみんな明るいんです。まぁ天気がいいからかもしれないですけど(笑)。

日本で何十億って借金を個人でしたら、なんかもう立ち直れないというか、首くくるみたいな、そういう空気感が出そうですけど、まったく違う価値観なんだなーと思って。それってたぶん社会の包容力や許容力なんです。そういう感覚を持ってる人たちが集まってる。
もうひとつは、世の中動かすにしろ、会社動かすにしろ、一緒に動いてくれる人をいかに動かせるか、ですよね。僕は一回言っても聞いてくれなかったら10回は言おうと思ってたりするんですけど、要するに人との付き合いの中で物事が動いていくんです。
自分のやりたいことだけ言ったりやるだけじゃなくて、実現させるためには、人を動かしていかないといけない。そういう人へのリスペクトとか人への向き合い方っていうのがマインドセットとしてはすごい重要だし、僕もまだまだ足りてないなと思うところだったりはしますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店にて好評発売中! 注目の博報堂クリエイティブディレクターによる、会社を辞めずに「やりたい」を仕事にする方法!

会社を使い倒せ! (ShoPro Books)

小野 直紀
小学館集英社プロダクション
2018-12-20

この連載について

初回を読む
これからの「会社で働く」ということ—小野直紀×尾原和啓対談

小野直紀 /尾原和啓

広告会社でモノづくりをするという異色のプロジェクトを実現した博報堂の小野直紀さんの著書『会社を使い倒せ!』。発売を記念し、紀伊國屋書店大手町ビル店さんにて『どこでも誰とでも働ける』などの著書で知られるIT批評家の尾原和啓さんとのトーク...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

skillog2019 日本の平均年齢っていま47歳なんや... https://t.co/zIxACEAqpn 8ヶ月前 replyretweetfavorite

kazobara なぜ、今こそ会社を使い倒すべきなのかを語ったよー 9ヶ月前 replyretweetfavorite

34colorchoice79 小野直紀 @ononaoki /尾原和啓 @kazobara | 今の方々は意味合いと没頭がすごく大事になっている。… https://t.co/k2oYN3M901 9ヶ月前 replyretweetfavorite

shigekey "日本って幸いなことに人口が1億2千万人あって、しかも生活レベルも高くて、今のところGDPもそこそこある。国自体が失敗できる環境だから、猶予期間って長いと思うんです。今のうちに、たくさん失敗して次に備えないと。" https://t.co/6uCIqhfdMQ 9ヶ月前 replyretweetfavorite