症状を整理してみる

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか? 人間関係、勉強、家族、容姿…ストレス社会で生き延びる技術を紹介します。『10代のための疲れた心がラクになる本』をcakesで特別連載!(毎週火曜・金曜更新)

症状を整理してみる

 ストレスによってあらわれる反応、症状は実にさまざまですが、代表的なものを並べてみましょう。

●心理的な症状
 □ イライラする
 □ 落ちこむ
 □ 緊張する
 □ 強い不安や恐れを感じる
 □ 無気力になる

●身体にあらわれる症状
 □ 激しい動悸がする
 □ 食欲がなくなる(逆に食べすぎることもある)
 □ 頭痛、めまい
 □ 胃痛、腹痛
 □ 眠れない
 □ 疲労感、脱力感がある

●行動にあらわれる症状
 □ 怒りが爆発する(人にあたる、暴言を吐く、ケンカする、ものにあたる)
 □ 泣く
 □ 食事をとらない、あるいは暴飲暴食をする
 □ ひきこもる
 □ ストレス要因から逃避する
 □ 過激な行動にはしる

 精神的な症状、肉体的な症状のほかに、行動面にもあらわれます。
 10代の場合、とくに10代前半の場合、自分に起きている身体的な症状と、心の問題とがつながっているという実感がもてない人が多いのです。
 たとえば、胃の痛みがストレスと関係しているというのは、ストレスについて知識のある大人はみんな知っていることですが、中学生くらいだと知らない人がほとんどです。
 ストレスのかかった状態がつづくと、「ストレス障害」と呼ばれる疾患へと進行してしまいます。
 ストレスは放っておいてはいけません。処置する必要があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄医師の最新刊、好評発売中!

この連載について

初回を読む
10代のための疲れた心がラクになる本

長沼 睦雄

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか?人間関係、勉強、家族、容姿...ストレス社会で生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomimonocom 10代、そして大人の方へ!ストレス社会で生き延びる技術を精神科医が紹介。「HSP/HSC(敏感気質)」第一人者・長沼睦雄医師によるWEB連載「10代のための疲れた心がラクになる本」第4回「」がcakesにて公開中! https://t.co/jaEaCfNbTQ 1年以上前 replyretweetfavorite