つり革」と「消ゴム」について、どれだけ語れる?

実際の経験だけでは、「脳内データベース」はいっぱいにならない。そこで、おすすめしたいのが「脳内経験」だ。ちいさなきっかけから、どんどん考えを広げていくだけ。いつでも、どこでも、誰でも、何に関してもできる。スマホを見てるより、全然楽しい。試しにやってみませんか。話題の『伝わるしくみ』から、特別連載。

『伝わるしくみ』山本高史
マガジンハウス

脳内経験 実践編

「発見する」→「疑問を持つ」→「感想や意見を持つ」→「疑問を持つ」→ 
 この繰り返しこそが「脳内経験」。実際の経験だけでは、なかなかいっぱいにならない脳内データベースを、簡単に拡充できる方法だ。
 人も社会も、疑問や発見や驚きを提供してくれる。いつでも、どこでも、誰でも、何に関してもできる。必ずクセになる。しかもタダだ。
 その実例を2つ。

つり革自問自答

以前電車の中で「つり革」のことを考えたことがあった。 電車の車内にぶら下がるアレである。ふと見上げると急にソイツが気になった。名称からしてツッコミどころだ。

(なぜ「つり革」なんだろう?  重要なのはむしろ輪の部分だ。同じような形状のものを体操競技では「つり輪」と呼んでいる)

(つり革が必要なのは立つ客がいるから。通勤とも関係があるはず。事実JRの新幹 線や特急にはない。つり革が生まれたのは電車通勤の始まりの頃。もしかしたらそんな昔は革だけだったのかも←アタリ)

(輪の直径は決まっているのだろうか?  あるとすれば誰の手を基準にしているのだろう?  革部分の長さや左右の間隔の基準は?  何kg くらいの負荷まで耐えられるのか?)

(値段はいくらくらいなんだろう?  一般人でも買えるのかな?)

(なぜ白が多いのだろう?  汚れが目立ちそうな気がするが。まあ、黒だと車内が暗くなるか)

(近頃は三角形のものや白じゃないものも見かける。変更の理由があるとすればなん なのだろう?  三角形にどんなメリットがあるのか)

(輪の握り方も人それぞれだなあ。輪の内側を握る人。上側に手をかける人。輪に 「グー」を通す人。一度ハンカチを巻いて持つ老婦人を見たことがある。潔癖症なのだろう。潔癖症の人はオレの好きなラーメン二郎なんて行けないな)

(子どもの頃ぶら下がったことがある。そう言えば電車の中で騒いだりふざけたりす ると、知らない大人からも怒られたな。今はよその子どものことは叱れない。「よその子どもを叱る」ことに関わる数値をまとめた統計などはないものか。そこから社会の変化を読み取れれば面白いかも)

(お相撲さんがぶら下がったらどうだろう?  大勢のお相撲さんが楽しそうにぶら下 がって揺れながら、全員で「マダムバタフライ」でも歌ったら面白いだろうな。テノ ールで)

(そんなテレビCMはどうだろう?)

(うーん、ないな)

 ぼーっとつり革を眺め、そんなことを飽きずに考えていた。
「ついに、お相撲さんオペラCM化!」なんてことは今のところないが、そんな「脳内経験」している方が、スマホの画面に顔を伏せるよりも楽しいと思うけどな。

哀愁の消しゴム

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いますぐ応用可。2時間で読める、シンプルにして究極のルール!

伝わるしくみ

山本高史
マガジンハウス
2018-09-27

この連載について

初回を読む
2時間でわかる 伝わるしくみ

山本高史

「しくみ」がわかれば、簡単に言葉にできる! シンプルにして究極のルールを、クリエーティブ・ディレクター/コピーライター、関西大学社会学部教授でもあるコミュニケーションのプロが、満を持して公開。今までいろいろな本を読んでも まだまだ悩み...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません