空港のカウンターで相手の顔色を伺ったら負け

ゴージャスな「誕生パーティー旅行」を題材にして、旅のトラブル解決法からファーストクラスのサービスの受け方まで、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・SUZU@suzukyuinさんならではの旅のスタイルをお伝えしていくこの連載。前回、帰りの航空券が消えていることに気づいたSUZU@suzukyuinさん。作戦を練ってから空港のカウンターに出撃します。

決戦は空港で

夜便のチェックインに向けてグランドハイアットエラワンホテルを出発したわたし。送迎の黒塗りLIMOに乗り込んだものの、夕方のラッシュに巻き込まれ高速に乗るまでの道がお約束の大渋滞で動きません。アマゾンプライムビデオでダウンロードしてあった映画を後部座席で見てるうちにiPadを持ったままいつの間にかうとうとと眠ってしまいました。ふと目が覚めたらいつのまにか大渋滞を抜けておりもう空港のすぐ近くまで来てたのでほっと一安心。

到着ロビーに横付けしてもらってシンガポール航空のカウンターに突撃します。

ウェブサイトでは予約が見えてないなんてことはあくまでも知らないふりをし、『当然乗れる』という顔をしてしれっとパスポートを差し出します。

こういう場合おどおどしたり顔色を伺うそぶりを見せたら負けです。

絶対にこっちに非がないという態度で、きもち背筋を伸ばし気味で笑顔で話をします。これはあくまでもそっちの航空会社のシステムの問題だというふうに認識してもらわねばなりませんので。もともとSUZUのフォルトではないし。何もやましいことも無いのであたりまえですけどね。

帰りに乗るのはシンガポール航空なのですがここはタイの空港なのでチェックイン業務を担当しているのはアライアンスが一緒のタイ航空の制服を着たスタッフでした。予測した通りまず名前を入れただけでは予約が見つからなかったのか「Eチケット控えを出して」と言われましたので、紙にプリントアウトしたEチケット控えを出してスタッフに手渡します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ゴージャス旅のトリセツ〜SUZU式バースディ旅行記〜

SUZU

「cakesクリエイターコンテスト」の入選者、SUZU@suzukyuinさんは、旅と飛行機とホテルが好きなご両親に育てられ、0歳から世界中を旅してきました。誕生日には世界各地に住む友人たちが集合し、数日間にわたって全員泊まりこみのパ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません