​ベッドのあとの反省会

ベッドの上は二人だけの世界、そこに言葉はいりません。で、解決すればいいのですが、無言での意思疎通というのは難しく、すれ違うこともしばしば。不満を持っていた女性から「反省会をしてみたら?」というアイデアを受けた林伸次さん。みなさんは、ベッドのあとの反省会をしたことがありますか?

男性が能動的、女性が受動的になるセックス

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

セックスって、男性から女性の身体にあんなことやこんなことをして、そして女性によっては、あるいは二人の関係性によっては、途中で攻守交代して、女性から男性の身体にいろんなことをして、合体ですよね。合体した後も、基本的には男性の方がずっと動いています。そしてその動くのが1分なのか5分なのか30分なのかは人それぞれだとは思いますが、そういうことがあって、終わります。

もちろん時と場合によっては、男性がごろんと横になったままで、女性があんなことやこんなことをして、女性が上にのっかってずっと動いて終わり、ということもあるかもしれません。でも、そっちのほうがレアケースですよね。人それぞれだとは思いますが、セックスって基本的に、男性が「あれこれする」、女性は比較的「受け身」という構造になっています。

だからでしょうか、女性からの不満がすごく多い分野なんです。すごくよくあるのは、「AVを教科書にするな」あるいは、「前の彼女にはそれが良かったからずっとやってるのかもしれないけど、私は全然違うから」というのもあるようです。

それである女性から、「林さん、セックスの後の反省会についてcakesに書いてください!」って言われたんです。セックスの後の反省会、したことありますか? たぶんほとんどの人がないですよね。すいません、僕もしません。抱きしめてごまかすタイプです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

byyriica 【読んだ】 3ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 女性のいう「察して欲しい…」​ は、男女間で一番モメる原因。 男性に超能力を求めるな。 ベッドのあとの反省会|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 ベッドのあとの反省会|林伸次 @bar_bossa | 感想戦ねwwww 5ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "女性からぜひ書いてほしいと言われたことがありまして、「毎回いかせることにこだわらなくて良い」だそうです。今、頭を抱えた男性い..." https://t.co/dNW96zNp52 https://t.co/nKTy6UUf2S #drip_app 5ヶ月前 replyretweetfavorite